Pocket

資金繰り相談の解決策は「事業承継」

~こちらの事例は代表ブログからの転載です~

 

ある地方銀行の支店から、「資金繰りが苦しくて困っている運送会社(A社)がある。何か良い方法を考えてもらえないか」と言う相談を受けました

取引銀行によるとA社は2度ほどリスケをしています。従業員は社長ともう一人だけで、二人とも忙しく働いていますが、この社長は真面目な方ですが、過去に従業員に大金を持ち逃げされたことがあり、銀行借入は、その時の負債が殆どのようです。

最初こそ無理をして返済をしていたようですが、売上も利益もそれほど増えるわけではなく、そもそも事業の借入でもない大金を返済しなければならないので、銀行も頭を抱えていました。

話を伺っていると、社長には息子が2人いることがわかりました。元々A社を手伝う予定だったのですが、従業員に大金を持ち逃げされ、借入をしなければならない状況になってしまいました。このため社長は、息子2人の将来を考え、 A社では仕事をさせなかったとのことです。

A社の社長はこの業界が長く、人柄もとても良い方でした。取引先からの信頼も厚く仕事も途切れることがありません。ただ、年齢がすでに70歳に近づいており、あまり無理もできなくなってきました。

また、会社を二人で切り盛りしているため、全ての取引先の依頼に応えることができません。このため売上額は毎年それほど変わりませんでした。

一方で、燃料費の上昇や車両の老朽化に伴うコスト、それに従業員に支払う報酬等、さまざまな経費がかさむからか、利益がなかなか上がらず事業の運営には苦労していました。

社長は自宅以外に親から譲り受けた実家(空き家)を持っていました。住宅街にあるその家は、駅から歩いて5分ほどの立地にありましたが、銀行の担保がついています。社長としては賃貸に出すか、売却して銀行の返済に充てられればと思っていますが、担保がついているので勝手に手を付けられないと考えているようでした。

A社の社長も取引銀行も、資金繰りを何とかしなければならないと考えていました。社長は、銀行の借入のリスケをして欲しい、或いは追加の融資をして欲しいと思っています。一方で銀行は、資金繰りが厳しいことは理解しているものの、追加の融資やもう一段のリスケはしたくありません。

銀行からA社長には、「取引先なら紹介できます」という話がありましたが、現状でも受けられないほど仕事があるため、紹介してもらっても引き受けることができない状況です。

A社も銀行もどうしてよいのかわからず、相談があったわけです。

事象と事実から考える

さて、ここまで読まれると、いくつかの問題点がお分かりになると思います。資金繰りが苦しい原因は色々あるようですが、基本的には、過去に大金を持ち逃げされた時の借入負担が重く、今の商売の利益の中から、返済していくのが大変なようです。

利益から返済できないとなると、もっと収入を増やすかコストを更に切り詰めるしか返済する方法はありません。

幸いなことにA社の社長は、その人柄が取引先に信頼されており、仕事は断らなければならないほどあります。ただ年齢が70歳で後継者もいないことから取引先からも、「いつまでお願いできるのかねえ」と言われています。

それに、仕事はたくさんあるものの、全然儲かっていませんでした。働けど働けど楽にならず、返済原資すらないわけです。

そこで私は、他社で働いている二人の息子を呼び戻し、長男には営業を、次男には管理面を中心に責任を持たせるようにアドバイスしました。現状起こっていることと、二人を呼び戻すことで起こるであろうことを説明し、その説明に納得した社長は二人を会社で働かせます。

息子たちは、元々父親の会社で働くつもりでいましたし、状況の悪化する中で年老いていく父親の力に何とかなれないかと思っていたので、二つ返事で戻って来てくれました。

取引先は現状でも、A社長の仕事には満足しています。ただ70歳近い年齢と後継者がいないことに不安を抱えていました。

そこで、まずは2人が事業を引き継ぐことを社外にはっきり示すことから始めました。A社長は長男と次男を引き連れ、取引先に挨拶に行きます。

この結果、取引先からは、これから安心してA社に仕事を任せることができるという感触を得ます。長男が既存先に今まで以上に営業することで、トラックの賃料や経費は若干増えても、それを遥かに上回る売上を上げることができるようになりました。

A社は社長と従業員の二人きりで仕事を切り盛りしていたため、案件の管理や経費の管理もできていませんでした。お金が入ってきても何にいくら使ったのか、社長も従業員も管理していません。

そこで次男が、長男が取ってきた仕事の傍ら、経営管理の責任者となります。様々なコストを見直した結果、これまで、赤字なのに仕事を受けてしまっていたり、資金の回収を後回しにしていたりという事態がたくさんあることがわかりました。

こうして社長が2人を呼び戻した結果、A社の経営は好転していきました。

最初は資金繰りの相談でしたが、その解決方法はリスケ等の金融的なものではなく、事業承継だったわけです。

因みに、駅近の実家は売却することになりました。そもそも銀行は、担保物件を売却したいと社長が思っていたことを知りませんでした。社長も、銀行に担保に取られているモノは売ったり貸したりできないと思っていました。この結果、無駄に資産を遊ばせることになっていたわけです。

収入を増やすという意味で賃貸に回す方法もありましたが、社長と話をして、事業に集中した方が良いという結論になりました。このため、銀行と売却時の価格や返済について合意をした後、売却を進めました。

息子二人は、常に父親のことを心配していたので、戻ってきてからは本当によく働いています。

資産売却によって借入も減り、息子二人の力で増収増益になれば、A社の資金繰りも楽になります。何より、事業承継の目途がついたことで、取引先は安心してA社に仕事が頼めます。こうして仕事が増えても、次男が管理をしっかりしているので、もう赤字の仕事ばかりを取ることもないでしょう。

事象の裏返しが問題解決ではない

経営者も金融機関も、問題が起こると、その原因を追究するよりも起こっている「事象」を何とか解消しようとする傾向があります。例えば「資金繰りが苦しいから、その資金繰りを楽にするためにリスケを行う」ということは、「資金繰りが苦しい」という事象を「リスケする」と裏返しただけです。

資金繰りが苦しいという「事象」は真の問題ではありません。資金繰りが苦しい、従業員が少なくて収入が増やせない、管理が行き届かない、資産が売却できない、借入が返済できない、これらは全て事象や事実です。

こうした事象や事実から、何が問題かを経営者と共に考える。それが金融機関や私たちの仕事です。

今回のケースはとても簡単なケースでした。ただ中小企業の経営者はこうしたことで日夜悩んでいる人が多いことも事実です。

こうしたことを金融機関が助けられない、アドバイスできないということは、私にとってはかなり衝撃でしたが。

「ちょっと考えたらわかりそうだけど。。。」、そう思った方は是非中小企業の支援者となってください。困っている会社や事業者はたくさんあります。