在庫を増やすとなぜ利益が増えるのか~基本的な管理会計の視点で考える

Pocket

卸売・小売業と製造業

今さら聞けない財務と数字の話㉑~在庫を増やすと利益が増える?」では、帳簿上の在庫を増減させることで、利益を操作できる仕組みを説明しましたが、「企業が期末に生産を増加させると何故利益が増えるのか、その仕組みを説明して欲しい」という声を随分頂きました。私は会計の専門家ではありませんが、疑問を抱えた人のお役に少しでも立てればと思い、どのような業種で何をすれば、在庫の増加が利益の増加につながるのかを説明します。

在庫を増やすことで利益が増える企業は、製造業のように材料を仕入れてモノを作るような業種です。小売業や卸売業では、在庫を増やしても利益は増えません。

まず、小売業が在庫を増やす場合で考えてみましょう。

あるスーパーマーケットが100千個の商品を100百万円で仕入れ、その内80千個が売れたとします。この場合、売上原価は下記の通り80百万円、在庫は20百万円(@1,000円×20,000個)となります。

1,000円で仕入れた80千個の商品が1個1,300円で販売できた場合、売上は104百万円(1,300円×80千個)、売上原価は販売個数に対応するので80百万円(1,000円×80千個)となります。この結果、粗利益(売上総利益)は売上104百万円から売上原価80百万円を引いた24百万円となります。

1,000円で仕入れたものが1,300円で売れたわけですから、1個当たりの利益は300円、これが8万個売れたので、300円×80,000個=24百万円と言った方が早いかもしれませんね。

ではこの企業が仕入れを10千個増やして110千個にしたとします。仕入れを増やしても、販売できるのは80千個だけですから、10千個は在庫となり、在庫総数は30千個(30百万円)となります。

さて、この時の粗利益を計算してみましょう。販売できる数は80千個ですから、売上は104百万円(1,300円×80千個)のままです。売上原価は販売した売上に対応するので、80千個の仕入れ金額80百万円(1,000円×80千個=80百万円)が売上原価となります。余分に仕入れた10千個は在庫が増えるだけなので、費用にも収益にもなりません。この結果、粗利益(売上総利益)は104百万円-80百万円=24百万円と先ほどと全く同じ金額になります。

このように、商品を仕入れ、それに利益を加えて販売する小売業や卸売業では、在庫が増えても売上原価は変わらないため、利益は増えません。

しかし、材料を仕入れ、それを製品に作り上げて販売する製造業の場合は少し状況が異なります。

製造業が在庫を増やすためには、原材料を仕入れ、労務費や電気代等の経費をかけて製品を製造する必要があります。卸売業や小売業と違って、仕入れたものがそのまま在庫になるのではなく、工場で価値がついた製品が在庫となります。

ここで、考えるべきは変動費と固定費です。(固定費、変動費の説明については今さら聞けない財務と数字の話㉖~売上が10%減ると利益も10%減る? をご覧ください)

製造業では、生産量が増えると原材料や電力といった変動費が増えますが、機械の台数や働き手を増やす必要がなければ、固定費は増えません。

例えば、一日に8時間稼働して製品を10千個作っている工場があったとします。この工場で同じ稼働時間で製品を12千個作れたとすると、原材料等の変動費は増えますが、働く人の数や設備の償却費やリース料、建物の賃料といった固定費は増えません。つまり、同じ設備や人員を活用して、たくさん作れば作るほど製品1個当たりの固定費が下がり、利益は増えることになります。

もちろん、2千個を増産するために労働時間が伸びれば、残業代や光熱費が若干増えるかもしれませんが、それらが製品1個当たりに占める金額はそれほど大きくありませんので、1個当たりの固定費は下がる(つまり1個当たりの利益は増える)ことになります。

ここまではお分かり頂けると思いますので、実際の例で考えてみましょう。

1個当たりの固定費を考える

下記は、あるメーカーが製品を100千個作った場合の製造原価です。1個当たりの変動費は1,000円、固定費は総額で50百万円なので1個当たりにすると500円(50百万円÷100千個)になります。つまり、この変動費1,000円+固定費500円=1,500円が、製品1個当たりの製造原価となります。

この製品(製造原価1,500円)を100千個製造して、その内の80千個が1,800円で売れたとします。販売できた数は80千個ですから、売上原価(製造原価)は80千個×1,500円=120百万円となり、販売できなかった20千個のコストである30百万円(1,500円×20千個)が在庫となります。

80千個の製品が1,800円で売れたわけですから、売上は144百万円となります。この結果、売上144百万円と製造原価120百万円との差額24百万円が粗利益となります。

さて、このメーカーが決算期末に、同じ製品を10千個増やして110千個製造した場合の利益はどうなるでしょうか。

製品を10千個増やすので変動費の総額は当然増えます。しかし、売上に対する変動費の率は変わらないので、1個当たりで考えれば、変動費は100千個製造した時と同様の1,000円となります。

次に固定費を考えます。同じ機械と人を活用して110千個を製造したので、固定費の総額50百万円は増えません。しかし、1個当たりで考えると、固定費は50百万円を110千個で割った455円(端数は四捨五入)となります。この固定費に変動費を加えると、1個当たりの製造原価は1,455円となります。

製品を100千個作った時の製造原価は1,500円でしたが、110千個作ると原価が1,455円になりました。数をたくさん作ることで、製品1個当たりの固定費が1,500円から1,455円と45円下がり、その分だけ製造原価が下がったわけです。

10千個は販売できないので、結果として在庫となりましたが、同じ機械と人で10千個余分に製造したことで、110千個すべての1個当たりの製造原価が45円下がりました。このため、販売した80千個に対応する売上原価は下記の通り116.4百万円に下がり、在庫金額は43.6百万円となりました。

製品在庫は10千個増えましたが、販売数量は変わらないので、売上は144百万円と同じです。しかし、1個当たりの製造原価が45円下がったことにより、売上原価は116.4百万円(1,455円×80千個)に下がり、この結果、粗利益は、在庫が増えただけで27.6百万円と3.6百万円も増えることになりました。

製造業の場合、生産数を増やしても固定費はほとんど変わらないため、多く作れば作るほど製品1個当たりの固定費が下がります。この結果、在庫は増えますが、売上は変わらず、製造原価が下がるため粗利益は増加します。

今さら聞けない財務と数字の話㉑~在庫を増やすと利益が増える?」では、帳簿上の在庫を増減させて、利益を増減する粉飾の方法を説明しましたが、製造業の場合は、このように生産数を増やせば1個当たりの固定費が下がることで売上に対応する製造原価が下がるため、合法的に利益を増やすことができることになります。

もちろん、必要以上に在庫を増やすとキャッシュフローが悪化するので、普通は余分な在庫は持ちません。しかしあとちょっとで年度の利益目標が達成できる!というようなケースで、「キャッシュフローには目をつぶってでも利益を増やしたい」と判断する経営者がいれば、こうした方法で利益を増やすことが可能となります。

尚、最初に例示したスーパーマーケットのケースでは売上原価を変動費と固定費に分けませんでした。小売業のような基本的に右から仕入れて左に販売することで利鞘を稼ぐビジネスでは、コストに影響を与えるような付加価値をつける設備や工程等が少ないため、1個当たりの固定費を下げることは難しいです(全くないわけではありません)。

固定費型企業と変動費型企業の違いについて知りたい方は、今さら聞けない財務と数字の話㉙~固定費型企業と変動費型企業をご覧いただければと思います。

『管理職のための KPIと財務【入門編】』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者や管理職は、攻めと守りの数字を理解する必要があります。「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れるだけでは目標は達成できません。目標を達成するためには、「何が達成の鍵で、それを何回ぐらい行えば目標に達するか」を理論的に数値としてはじき出す必要があります。

そしてその数値を決めるには、かけるべきコストとかけてはいけないコストが判断できるか等、財務や管理会計の基礎を理解しておく必要があります。

本書では、売上目標を達成するためのKSF(Key Success Factor)の見つけ方、行動計画への落とし込み方といった「攻めの数字」と、赤字でも販売すべき場合とはどのような場合なのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の「守りの数字(管理会計)」について経営者や管理職が押さえておくべき点を学ぶことができます。

 

⇨ 企業は社風を変えられるのか(12)

⇦ 企業は社風を変えられるのか(11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です