企業の風土を変える(4)

Pocket

井の中の蛙

企業が変わる方法の3つめは「付き合う人を変える」ことです。企業自体が取引する企業を変えるということではなく、企業の中で働く管理職や社員が、接する相手を変えてみるということです。

新卒で企業に入社し、30年も同じ職場の人だけと付き合っていると、その企業の常識にどっぷりと染まってしまいます。私は銀行で19年間勤務した後、別の企業で働くことになったのですが、その際、自分が如何に疑い深い人間で、自らが常に正しいと勘違いしていたかに気づきました。

銀行では「当然」と思っていたことが、別の世界(一般社会)では当然ではないことを知る。銀行の業務はある意味特殊なので、仕方がない部分も多いのですが、それでも振り返ってみると、かなり強引に銀行特有の理屈を周りに押し通していたのではと反省する部分が多々あります。

自分がいた業界とは異なる業界の人と付き合うことで、自分のやり方がおかしいことに気づいたり、新たな発見をしたりすることがあります。違う世界で生活している人には、自分と全く異なる発想ができる人がいます。その人の考え方を知ることで、自分の発想力が磨かれます。また話をする中で、自分の考え方や論理に間違いがあれば気づくことができます。

「何年も同じ釜の飯を食った仲間」と話すのは楽です。相手が何を考えているかは大体わかりますし、受け入れられること、受け入れられないことも同じなのでストレスもありません。しかし、そうした人たちとだけ付き合っていると、考え方が同質で固まってしまいます。ですから、違う企業や業界の人と付き合うことが重要です。例えばプライベートでも、仕事では付き合わないような人と接することで、新しい考えやインスピレーションを得られる可能性があります。

コアは必要

銀行を辞めて数年経った時、ある企業の社長に、「伊藤さんは何%ぐらい住友銀行(現三井住友銀行)の血が入っているんですか?」と聞かれたことがあります。当時はその質問の意味が全くわかりませんでした。しかし後に、その社長から「自分の親も事業を引き継いだ自分も、借入が多くて住友銀行には随分といじめられた」という話を聞き、何を言いたかったのかを理解しました。ただ、聞かれた当時はそんなことはわからなかったので、「ほぼ100%ですかね」と答えたのですが、その社長も良く私と付き合ってくれたと思います。

当時住友銀行は「3人麻雀、8人野球」とか、「歩いた後にはぺんぺん草も生えない」と揶揄されていました。バブル期以降は銀行員というと悪の象徴のように言われましたし、「銀行は雨が降ると傘を貸さない」と何度言われたかわかりません 。しかし、「傘を貸さない」理由は今でも当然だと思いますし、多くの社員は人間性も素晴らしく、私よりもはるかに優秀な人ばかりでした。

銀行で叩き込まれた「目先の利益だけを追ってはいけない」とか「ものを考える時は、筋が通せ」といった教えは、今でも私の判断の基準になっています。銀行を辞めた後、さまざまな国や業種の企業で仕事をすることで、多様な考え方を受け入れ、自らも常に「変わる」「変える」ことを意識するようになりましたが、それでも銀行の血は、まだ50%ぐらい私の中にある気がします。

多かれ少なかれ、皆さんが勤めている企業も同じだと思いますが、優秀な人がいる企業の文化が全て悪いわけではありません。伸びている会社や業績が良い会社には、そうなった理由があります。ですから、銀行や大企業が全て「巨悪」ではありませんし、そこで働いている人みんなが頭が固いわけでもありません。良い企業には優秀な人材がいますし、素晴らしい経営理念や行動指針もあります。それを自分のコアとして持ち続ける、そうしたコアを持ちながらも、常に新しいものに接して、それを吸収しようとする姿勢があれば、変える力は養われます。

 

⇨ 企業の風土を変える(5)

⇦ 企業の風土を変える(3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です