企業の風土を変える(3)

Pocket

増える地方への本社移転

企業が変わる方法の二つ目は「場所」です。

2020年の秋にパソナグループが発表した、本社の淡路島移転は大変話題になりました。対象は、経営企画や人事、IT部門等、本社機能を担う1,800人の3分の2に相当する約1,200人。登記上の本社は東京に残すものの、重要事項を決める取締役会を島内で開く等、経営の中心は淡路島に移転する大胆な計画です。

パソナグループは2008年から淡路島で就農支援を開始、2017年にはアニメや漫画の世界観を再現したテーマパーク「ニジゲンノモリ」、今年8月には劇場とレストランを併設した「青海波」を開業しています。パソナグループでは、これらの施設やオフィスで、約350人が働き、役員の4割に当たる10名以上がすでに淡路島を拠点としています。神戸市出身の南部靖之代表も今年1月から本格的に島内で執務を開始しているようです。

帝国データバンクの調査によれば、2021年1~6月間に首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)外へ本社を移転した企業数(個人事業主、非営利法人等含む)は186社でした。6月時点で150社超となったのは過去10年間なかったことで、企業が首都圏外へ本社を移す動きが加速していることがわかります。

移転した企業の転出先で、最も多かったのは「大阪府」の22社。次いで「茨城県」(19社)、「静岡県」(16社)、「北海道」(14社)となっています。総じて首都圏から離れた大都市などに移転先が集中する一方、首都圏に隣接する茨城県・栃木県・群馬県の北関東3県へ移転する企業も多いようです。

首都圏からの本社移転が増えている理由は、新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワークの常態化でしょう。コロナウイルスの感染拡大でオンライン会議等が積極的に活用されるようになると、リモートでも意外と業務に支障が無く、使い勝手も良いことがわかりました。またリモートワークは、企業にとってはオフィスや通勤関連費用の縮小が図れ、社員にとっては、通勤に費やす時間が削減できるだけでなく、どこにいても仕事ができる便利さがあります。

そうした点が明らかになったことで、首都圏での生活コストの削減や通勤負担減などの観点からも、リモートワークの更に先を行く、地方への本社移転や社員の移住を検討する企業が増えています。

新しいインスピレーション

企業が場所を変えると社員の仕事のやり方や行動パターンが変わります。例えば、オフィスを移転する場合は、まず机やキャビネットを整理しなければなりません。そうなると当然、要らないものは整理するようになりますし、長年働いていた場所ではやらなかった書類の整理も、新しい場所に移ると、綺麗にファイリングされたりします。

私が知っている大手スーパーの社長は、ほぼ3年ごとに本社を移動しています。なぜそれほど頻繁に本社を移すのかと聞いたところ、「いらないモノを捨てさせるため」との答えが返ってきました。デスクワークが主体の社員は、長く同じ場所にいると書類を溜め込み、本当に必要でない書類やモノまで増えてしまいます。そのうちキャビネットや倉庫が資料でいっぱいになり、そのためにオフィスを広げることもあったそうです。そこで、「3年に一度オフィスを移転する」と宣言したところ、今では書類は整理され、いつどこに移動しても仕事ができるオフィス環境になりました。書類の整理ができただけでなく、その裏に隠れていた無駄な時間の使い方等、さまざまな見えないコストが減らせるようになったとも言っていました。

オフィスの場所が変わると社員の気持ちも新しくなります。それが首都圏から離れた場所になると、通勤手段も変わり、時間の使い方も変わってくるはずです。都心と違って、通勤時間が少なくなる分、プライベートに割く時間が増えますし、地代が安いので、より広いワーキングスペースを与えられるかもしれません。また、緑豊かな地域に移動すれば、今まで考えたこともなかったような、新たなインスピレーションが湧いて来るかもしれません。

そうした新たなインスピレーションは、企業にとってとても重要です。人も企業も、場所が変わると仕事のやり方が変わるだけでなく、今までとは違うものに触れることで、新しい発想が生まれる可能性があります。常に同じ場所にいて、同じことばかりしていては、新たな発想に辿り着くことはないのです。

かくいう私も、これまで30回以上住居を転居してきました。企業の成長にオフィス移転はつきものですが、不思議なことに、駐在した国や新たに転職した先の企業では、必ずオフィスの移転がありました。そうした経験が活きているのかどうかはわかりませんが、常に現状や今あるモノにこだわらない考え方はできるようになった気がします。

「住む場所を変える」ことが自分を変革する一つの方法になる理由は、住む場所を変えるだけで目線が変わり、新しい発見やインスピレーションを得られるからです。同じところに住んでいると、目線がそれしかなくなって周囲の環境に対して敏感に反応しなくなってしまうことは前述の通りです。

ただ、個人であればまだしも、企業が本社や工場を移転することは普通はできません。ですから、企業の場合は、管理職のリモートワークを徹底したり、オフィスとは違う場所で社内会議を行ってみると良いと思います。

リモートワークをする際も、ずっと家に閉じこもって行うのではなく、WEB会議等でなければ近所のコーヒーショップで仕事をしてみる、或いは週末の休暇を一日延長して、月曜日の会議には海辺のコテージからリモートで出席する等の変化をつけてみると良いと思います。

オフィスを動かせないなら働く社員が動く。リモートワークが一般的になった今であれば、こうした取り組みはどの企業でも、かなりやりやすくなってきているのではないかと思います。

 

⇨ 企業の風土を変える(4)

⇦ 企業の風土を変える(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です