脱サラしたけど仕事がない~公的機関の募集人材(3)

Pocket

ネットワークを広げる

前回、ネットワークを広げるために、公的機関を活用するという話をしました。公的機関の担当者やそこで働く専門家たちと一緒に働くことで、皆さんの実力や人柄を彼らに知ってもらうことができ、ネットワークが広がります。

中小企業の経営支援はさまざまな分野がありますので、専門家ひとりだけでは全ての支援ニーズには対応できません。このため、専門家は、何かあった時に相談したり、一緒に働くことができるような、優秀な専門家やコンサルタントとつながりを持つことを大事にしています。

公的機関も同じです。良いアドバイスができる専門家、信頼できる専門家を常に探しています。公的機関が専門家を募集する場合、基本は公募しなければならないのですが、常に全く新しい人を採用するわけではありません。

重要な仕事になればなるほど、信頼できる専門家が必要となるため、担当者は、過去につきあった専門家に声をかけ、公募に応募してくれるように頼むことも少なくありません。ですから、一度公的機関で働くことができ、担当者に信頼されるようになれば、仕事はおのずと増えて行く可能性があります。

ただ、それが最終目的ではありません。公的機関の仕事は1時間3千円~6千円程度です。公的機関の仕事の単価はそれほど高くありません。しかし、仕事を通じて、何度か同じ担当者や専門家と接する機会が増えるに従い、ネットワークは広がります。仕事を通じて、あなたの得意分野や力量が周りの人に認知されれば、専門家から、仕事を一緒に手伝って欲しいという依頼も増えてきます。

専門家は営業活動が苦手

企業の依頼に全て応えられる専門家はほとんどいません。税務の専門家である税理士が労務問題について顧問先の企業から支援を求められると、自分が知っている信頼できる社会保険労務士に支援を依頼します。経営の専門家である経営コンサルタントや中小企業診断士が、経営相談を受けている企業から法律が関係する仕事の相談をされれば、当然自分が知っている弁護士や行政書士に支援を依頼します。

本来、こうした専門家の多くは営業活動が苦手です。私の知っている税理士は、「そもそも会社勤めや営業活動をしたくないから税理士になったのに、実際に独立すると自分で営業活動をしなければならない。」とよく嘆いています。

会社勤めの時代にバリバリ営業で稼いでいたという人であっても、独立して会社の看板なしに仕事が取れる人はほんの一握りです。ですから、一見遠回りに見えるこうした取り組みも、50歳を過ぎて独立し、人脈も何もないところからコンサルタントや研修講師のような仕事を始める人にとっては、仕事に繋がる良い機会になります。

私自身も、公的機関で仕事をしていると、ネットワークの広がりを感じます。今はファンドの仕事を行いながら、ボランティア的に中小企業の支援をしているので、受けられる仕事は限られます。しかし、たまに行う公的機関の仕事を通じて、行政の人や専門家から相談を受けたり、仕事の話をいただくことがあります。公的機関の担当者も良い専門家を見つけるのに苦労しているようです。

興味がある方は、地域の中小企業支援をしている商工会議所やよろず支援拠点、産業振興財団等の専門家募集欄をチェックしてみては如何でしょうか。

 

⇨ 代表プロフィールを更新しました

⇦ 脱サラしたけど仕事がない~公的機関の募集人材(2)

 

書籍のお知らせ

『中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

拙書『中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門』が、amazonのコンサルティング部門で第1位となりました。

本書はM&Aや事業承継のノウハウ本ではありません。普段話を聞けないPEファンドや大手事業会社、それぞれの立場から見たM&AやPMI、そして事業承継ができない本当の理由や、これから中小企業のM&Aや事業承継現場で起きること、そこで必要とされるスキルや能力について知ることができます。

後半では、小規模M&Aのビジネスモデルに基づいた事業計画の作り方とその根拠を説明しています。ビジネスモデルの作り方や事業計画の策定マニュアルとしても参考になるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です