脱サラしたけど仕事がない

Pocket

独立は誰でもできる

会社を辞めることを決めると、「これから新しい未来が待っている」、「誰にも束縛されずに好きなことで生きていこう」と、とても気分が高揚します。

「そんなに稼げなくても良い、楽しく人生が送れれば」と思ってサラリーマンを辞めて会社を設立し、「今日から私も一国一城の主だ!」と嬉しくなる。

ここまでは、誰でもできる話。問題はここからです。

20代や30代であれば、「これがやりたい!」という情熱を持って、分別なしに起業できます。しかし、50歳を過ぎて起業する人、特に大企業に勤めていたような人には分別があります。

リスクを考え、よく下調べをしてからでないと新しいものに着手できなくなってしまった人が、「無理に決まってる」と言われるようなことに飛び込むことはできません。

ですから、分別あるシニアの起業は、なるべくリスクが少なく、自分がこれまで関わってきたようなことや、子供のころからいつかやってみたいなあと思っていたようなことが選ばれます。前者は経営コンサルタント的な仕事、後者は喫茶店や手打ちそばの店です。

喫茶店や手打ち蕎麦の店については、ここではコメントしませんが、シニアの企業はこの2つのパターンが多いようです。

さて、会社を辞め、経営コンサルタントとして新たな一歩を踏み出したものの、殆どの人が、思うように契約が取れません。

最初は昔の会社のつながりで、仕事をくれる人もいるかもしれませんが、サラリーマンとは、会社の看板を背負って仕事をしてきた人であり、取引先もサラリーマンです。どんなに仲が良かった相手であっても、会社を辞めた後も以前と変わらず付き合ってくれる人はそれほど多くはありません。

例えあなたが部長であったとしても、相手はあなたの会社の名前と肩書で取引をしています。後任の部長が来れば、名刺ホルダーやスマートフォンのアプリに入ったあなたの名刺は新しいものと入れ替えられてしまいます。

無駄なお金を使ってはいけない

世の中には、独立するための心構えや、会社を設立する方法を教えてくれるコンサルタントや起業アドバイザーはたくさんいます。しかし、実際にどうすれば仕事が取れるかを教えてくれる人はあまりいません。

「仕事を獲得するノウハウを教えます!」というセミナーもありますが、参加するには数十万円を投資しなければならないものが殆どです。中には素晴らしいものもあるのでしょうが、「これで50万円?」と思うようなセミナーも少なくありません。

私は横浜市のアドバイザーとして起業家の支援をしてきましたが、相談に来られる方の中には、こうしたセミナーに出席して高い参加費を支払っただけでなく、商品の購入も勧められる人もいました。

「起業のために借入したい」という融資申込書の資金使途が「セミナー代金50万円」となっているケースも何度も見てきました。

会社を辞めることはいつでもできます。また独立して会社を作ることも誰でもできます。しかしサラリーマンと違い、独立すれば自分で仕事を見つけてこなければなりません。昨日までは、決まった日に決まった金額が振り込まれていたかもしれませんが、これからはそんなことはありません。退職金が入って、なんとなく余裕ができたように感じても、そんなお金はあっという間に生活費で消えていきます。

リタイヤして税理士や中小企業診断士の資格を取得しても、中小企業があなたにコンサルタントを頼む理由がなければ、仕事は絶対に増えません。

私は、ファンドが投資する企業での経営者や経営アドバイザーとしての仕事を長く行い、今は中小企業にもその仕事の領域を拡大しています。しかし、同じ経営支援的な仕事であっても、大企業と中小企業では全く仕事の受け方が異なり、最初は中小企業へのアプローチに随分苦労しました。

そのような経験も踏まえ、ここからは、脱サラして自分でコンサルタントやアドバイザーとして中小企業経営に関わりたいような人のお役に立てるような情報をお伝えしたいと思います。

『中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

拙書『中小企業支援者のためのM&A・事業承継入門』が、amazonのコンサルティング部門で第1位となりました。

本書はM&Aや事業承継のノウハウ本ではありません。普段話を聞けないPEファンドや大手事業会社、それぞれの立場から見たM&AやPMI、そして事業承継ができない本当の理由や、これから中小企業のM&Aや事業承継現場で起きること、そこで必要とされるスキルや能力について知ることができます。

後半では、小規模M&Aのビジネスモデルに基づいた事業計画の作り方とその根拠を説明しています。ビジネスモデルの作り方や事業計画の策定マニュアルとしても参考になるはずです。

 

⇨ 脱サラしたけど仕事がない~新現役交流会(1)

⇦ 取材商法も凝ってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です