小規模事業者のValue

Pocket

なりたい、なるべき、ならねばならない

最後にValueです。Valueは、MissionとVisionを達成するために、社員全てが共有すべき価値観であり、企業の行動指針となるものです。

Valueを創る際の質問は、

「Mission、Visionを達成している組織は、どういう価値観で仕事を行い、社員はどのように行動しているか」

になります。

Valueでは、経営者が最も大切にしている価値観や行動を明文化します。たとえ今の時点ではそれができていないとしても、「こうなりたい」、「なるべき」、「ならなければならない」ことをイメージして創ってください。

「私たちは地域のお客様のために誠実に働きます」とか、「いつも明るい挨拶と感謝を忘れません」といった言葉をValueに選ぶ企業がありますが、こうしたありきたりの言葉はValueとしてはふさわしくありません。

Valueは、もっと自分たちの事業に直結する「あるべき姿」「なりたい姿」をイメージして決めて下さい。

Y社では、Mission、Visionを考える中で、「常にピカピカのボックスにお届けします」とか「常に昨日の笑顔を超える、最高の笑顔でお客様に挨拶します」といった言葉が出てきました。

同社の現状から考えると、MissionもVisionも「できるわけない」と笑われるようなものかもしれませんが、それらを達成するために、経営者や社員がどのような行動をしなければならないか、その具体的な行動をValueとして下さい。

図表 :バリューの創り方

Mission・Vision・Valueは企業の業績を左右します。 (☞ 経営ビジョンと業績の関係を参照)

これからMission、Vision、Valueを新たに作る企業では、幹部や将来を担う社員と共に創ることをお勧めします。中小企業の場合は、幹部や社員を交えるのは難しいかもしれませんが、事業を承継する親族等を入れるとより良いものになるはずです。

Y社では、事業を継ぐ長男と現社長が共に未来を考えて真剣に創りました。複数名で議論することはなかなか難しいですが、そこは外部のコンサルタント等の力を使うとうまく議論を進められることも多いです。

Y社の場合は、親子で意見がぶつかることも多々ありましたが、こうして同社としては最高のMission、Vision、Valueが出来上がり、経営者も後継者もその達成に向けて日々努力するようになりました。

現在の組織がどんな形であったとしても、将来なりたい姿について、後継者と是非議論してください。知識や経験、生きてきた世代も異なるので、意見がぶつかるのは当たり前です。

しかし、お互いがぶつかればぶつかるほど、事業を引き継ぐ経営者と受け継ぐ経営者の想いが詰まったMission、Vision、Valueとなるはずです。

⇨ 取材商法も凝ってきた

⇦ Missionが先か、Visionが先か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です