経営コンサルタントに何を任せるか

Pocket

事故が頻発する工場

ある地方の飲料製造会社(K社)を建て直す依頼を受けました。この会社は、町おこしの一環で温泉を掘っていたのですが、温泉はではなく非常に良い水が出たため、役場が地元の民間企業と第三セクターを設立して天然水の販売を行うために設立されました。

しかしその後、事業は立ち行かなくなります。そこで町役場は、飲料製造に興味を持っていたK社のオーナーに泣きつき、事業を買い取ってもらいました。現在は町が所有する工場を借りて、K社が地元の人20名程を使って経営を行っています。工場長や従業員の大部分は元々町役場に勤めていた人たちが勤めています。

K社の製品は、オーナーの人脈で大手スーパー等にも納入されていたのですが、最近はトラブルが頻発して業績が悪化しています。このためK社のオーナーから経営再建の依頼があり、早速現地を視察することとなりました。

高速を降りると工場に向かう道は一本道です。右側は切り立った山、左側は崖という道を走ること20分ほど、漸く工場に到着しました。出迎えてくれたのは工場長ともう一人の幹部です。工場長は右手を包帯で巻いています。話を聞くと、2ヵ月ほど前に機械に挟まれて怪我をしたようです。この工場では他にも従業員の怪我が数件あるようでした。

作業場に入ってその理由がわかりました。工場長も含め、働いている従業員の作業着は酷く汚れています。床には段ボールが散乱して黒く変色しており、それを踏みながら作業をしています。使用した段ボールの空箱はそのままで放置され、本来作業時は閉じなければならない機械の小窓が開けっ放しになっています。

また、作業場のあらゆるところに使われていない設備が埃をかぶって置いたままになっています。聞くと、これらの機械は当初町が購入したものの、使えないためそのまま放置されているようです。

倉庫も整理されていません。ペットボトルの原料が大きな袋でそこら中に積み上げられています。先日、この袋が倒れて、作業していた従業員が下敷きになって怪我をしたそうです。ペットボトルの原料はレジンというプラスチックの粒のようなものですが、これが袋に入っているとかなりの重さになって危険です。

工場は月曜日から土曜日まで12時間2交代制で稼働しています。但し、メンテナンスや洗浄の時間が長く、生産性は良くありません。

工場長はとても真面目な方で、ほとんど泊まり込みで仕事をしています。しかし、元々町役場に勤めていた方なので、製造のプロではありません。従業員に対する指導も十分なされていませんでした。

工場長に作業場の感想を率直に伝えたところ、「現場の状況が良くないことはわかっているが、人が足りずに片付けや清掃の時間が取れない」とのことです。

実際に人を採用しようにも、こんな山奥に来てくれる人もいません。慢性的な労働力不足の下、オーナーから業績の低下を責められ、工場長は肉体的にも精神的にも疲弊していました。こうしたことも事故が頻発している理由かもしれません。

製品品質の管理が心配でしたが、最低限のことはやっていると言います。但し、本来毎年交換すべき部品をコスト削減のために3年に1度の交換で済ましているとの話もあり、やはり問題はありそうです。

任せきりの経営者

驚いたことに、この工場には月に2度指導に来る5Sのコンサルタントがいました。

工場長も他の従業員も工場運営については素人なので、まずは5Sから始めて現場運営を見直した方が良いという話をしたところ、なんと月に2回ほど5Sのコンサルタントが来ているとのことでした。その人は大手メーカーのOBで、現場での指導はほとんどせずに、5Sについて長々と講義をして帰っていくようです。

工場長や従業員は、現場の改善もしてくれないため無駄だと感じていたものの、オーナーが雇った人なので、仕方なく毎回話を聞いているとのことでした。

現場で全く指導をせずに、事故が起きても知らぬ顔で講義を続けているコンサルタントにも驚きますが、そのようなコンサルを雇うオーナーにも問題があります。

中小企業には、何でも自分でやらなければ気が済まないオーナーが多いですが、K社のオーナーのように現場を見ない経営者もいます。

自分では何か別の仕事をしていて、副業的に事業を経営している場合や、たくさんの事業を抱えていて、小さい事業にはあまり興味がないオーナーの場合、このような対応になることがあります。こうした経営者は、何が問題かわからず、全てコンサルタントに丸投げしてしまいます。

こうしたオーナーであれば、コンサルタントが適当な指導をしてもわかりません。資金の管理も問題です。芸能人やスポーツ選手が開いた飲食店が、コンサルタントや税理士に任せっきりになり、負債を抱えて閉店したという話を聞いたことがあるかもしれません。

コンサルタントは経営責任を負わない外部の人間です。安易に経営を任せてはいけません。もし一部を任せるのであれば、達成したい目標をはっきりさせた上で、進捗状況を確認し、結果まで求めることが大切です。

 

⇦ 問題の裏返しが解決策ではない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です