管理職の転職~インセンティブって何?

Pocket

投資企業経営者のインセンティブ

前回は、希望する報酬についての話でした。

そもそも、なぜ「企業の水準に合わせます」と言うかというと、PEファンドの投資先経営者の報酬は、一般的に、同規模の企業経営者と比較して1.5倍ほど高くなるからです。

具体的には、売上300億円、従業員1,000人程度の製造業のサラリーマン社長の報酬が2,000~3,000万円程度だとすると、ファンド投資先企業の場合は、報酬が3,000~4,500万円程度になります。

ほとんどのファンド案件では、 こうした基本的な報酬に加えて、ストックオプションによるインセンティブが付与されます。任せられる企業の規模にもよりますが、ファンドのExit(売却)に成功すれば、経営陣には億単位のボーナスが入ってくることもあります。

成功するかどうかは経営者の能力だけではありませんが、ファンドの経営に参画する場合、結果が全てです。たまたま運が良くて投資の何倍ものExitができたとしても、ストックオプションで数千万円から億単位のお金が入ってくることもあります。逆に、どんなに優秀で能力があってもExitできなければオプションの報酬は1円ももらえません。

Exitはできたけど

これまで2件のExitに成功し、それなりの報酬をもらいましたが、残念ながら手元にはほとんど何も残っていません。

ストックオプションを行使し、株式を売却できれば良いのですが、役員である限り、株はなかなか売却できません。インサイダーフリー期間かどうかに関わらず、CFO等の在任中は、ほぼさまざまな重要情報のタネを抱えているからです。更に、株主や従業員の目もあります。

最初に企業をExitした際、私はI社のCFOとしてIRも担当していました。ストックオプションを行使し、株式を保有していたのですが、ちょうどすべての重要情報を開示し、何もないタイミングで住宅ローンの返済とリフォームをするために売却申請を出しました。しかし、その申請、当たり前ですがIR部門の社員が見るわけです。

「伊藤さん、投資家を回って株を買ってもらう立場の役員が、本当に売っちゃうんですか?」とか言われます。

「いや、家は50年前の木造で隙間風が入ってきて冬なんか凍死しそうなんだよ。だからリフォームもしたいし、どうせならローンも早く返しておきたい。それに子供の教育費もかかるんだよ。君はまだ独身だからわかんないかもしれないけどさあ。」

「いや、マジで仕事優先して下さいよ。IR担当役員が自社株売却してどうすんですか。俺たち、めっちゃ士気下がります。〇〇証券のAさんは、『伊藤さんは大学時代も常にチームの勝利を考えて部を引っ張っていた』ってアナリストミーティングでも言ってたじゃないですか。」(Aさんは大学時代の後輩で、偶然にも外資系証券会社でI社の担当アナリストでした。)

「そもそも、うちの株価まだ上がりますよ。今売ったら損ですよ。CFOとしてそう思いますよね!?」

実際に株式を売るかどうかは個人の判断なので会社とは関係ないとはいうものの、メンバーにそこまで言われると売れません。「まあ辞める時に売れば良いか。家の修理は先延ばしかな」と諦めました。

インセンティブとはこんなものかも

しかし、なんとそれから3か月後、I社が筆頭株主のU社に吸収合併されるという話が持ち上がります。U社の事業とI社の事業シナジーは全くありませんが、メインバンクからキャッシュフローをもっと増やせと言われたU社がI社のキャッシュフローの取り込みを打診してきたのです。

結果的にI社はU社との統合を発表したのですが、市場はこれを全く評価せず、株価は急降下。最終的には、私の含み益はあれよあれよという間に消えてなくなりました。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、投資先企業の経営陣がもらえるインセンティブとはこんな感じです。

ベンチャー企業の役員になり、多額のストックオプションをもらって喜んでいた私の友人も、業績が悪化して数億円の含み益が消えたと笑っていました。

まあ、そんなもんかもしれません。

因みに、こうしたインセンティブが付与されるのは、ファンドの投資先経営陣以外では、ベンチャー企業や大企業の経営陣が多いです。

このブログを読んでいる方の多くにとっては、ファンドの投資先経営陣となることが現実的だと思いますが、PEファンドの投資先経営陣についての報酬、インセンティブ、働き方等については、また別の機会にまとめてお伝えしたいと思います。

管理職のための KPIと財務【入門編】

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者は攻めと守りの数字に強くなければなりません。

でも、「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れても目標は達成できません。目標を達成するためには、行動計画に落とし込む必要があります。本書では、売上を行動計画にまで落とし込む方法を簡単に解説します。

また、在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか、赤字でも販売すべきなのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の管理会計の視点を説明します。

経営者や管理職に必要となる最低限の知識を、わかりやすくまとめていますので、新入社員や、これまで全く経営戦略や財務に関わってこなかった若手の営業員でも理解できる内容です。

これから経営に携わる方にご覧いただけると嬉しいです。

 

⇨ 経営経験がない経営コンサルタントは信用できないのか

⇦ 管理職の転職~「希望する報酬」とは

管理職の転職~インセンティブって何?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です