管理職の転職~「希望する報酬」とは

Pocket

特に「希望」はない

このブログで管理職と言っているのは、取締役や執行役員、事業責任者といった経営に携わる人のことです。

以前少し書きましたが、社長になるにためには、社長経験や事業トップの経験が求められます。会社の規模に関わらず、会社の最終意思決定者となった経験や、事業部門のトップ、或いは海外の現地法人の社長としての意思決定の経験が重要視されます。

私はメーカーを退職した際、次を考える中で、とにかく人の話を聞いてみようと思い、いくつかのエージェントを紹介してもらって話を聞くことにしました。

当たり前ですが、エージェントから「次はどのような仕事をされたいんですか」と聞かれます。しかし、銀行を退職して半分サラリーマンではなくなったような仕事でも、「これをやって欲しい」と言われたことを「じゃあやります」と引き受けてきた私には、やりたい業種や規模があるわけではありませんでした。

恐らく、大企業に勤めて管理職までなった人も同じようなものだと思います。今は、企業経営のハンズオン支援を業としていますが、最初はこんな感じで、何をしようか随分迷っていました。

起業の相談に来られる方に、『起業するには、「やりたいこと」「できること」「求められること」の3つが必要』という話をしている身としては、お恥ずかしい話ですが。。。

「事業の再生や成長を目指す企業の支援がしたい」という想いはずっと持っていましたが、そうした仕事はどこかの企業に所属しないとできないと思っていたのです。

そんなわけで、転職エージェントと面談することになっても、エージェントの質問に対して、先方が期待する回答をすることができません。

「どんな業種でどういう役職がいいのか」、「働く場所に制限はあるか」、「希望する報酬はどのぐらいか」等々、

何人かに会って初めて、エージェントは、こうしたことがわからないと困るんだなあということが理解できました。

同時に、転職しようとする人は、最初から「業種」を決めていることに、驚きました。私はこれまで金融、人材サービス、メーカーと全く異なるキャリアを歩んできました。メーカーも産業機械、半導体、飲料と全て異なるものばかりです。

そもそも銀行時代に培った財務や問題解決をベースに、経営企画やマーケティングといった分野でキャリアを積んできたので、あまり業種にこだわったことはありませんでした。

誰が報酬を決めるのか

希望する報酬金額というのも、よくわかりません。エージェントと話していると、必ず今の仕事の報酬を聞かれます。しかし、それは今の仕事であって、新たな仕事の報酬は自分ではなく、その仕事を与える側が決めるはずです。

ある程度のレンジはあったとしても、候補者の年収をベースに決めるというのがどうも腹に落ちません。本来10百万円の仕事である役職に、候補者の前職の年収を考慮して15百万円を払うとなると、今勤めている人の報酬って本当に妥当なの?と思ってしまいます。

もっと言うと、本来20百万円の役職で募集した際、応募してきた人の前職の年収が15百万円だったとすると、「じゃあ17百万円位で良いですね」と言われても、求職者はそれが妥当かどうかわかりません。

求職者にとっては、生活を考えて仕事を選ぶと、今よりも報酬が下がると困る場合があることは理解できます。ただそれはあくまで求職者の希望であって、仕事の報酬を決めるのはあくまで採用する企業や市場です。日本ではまだ雇用の流動化があまり進んでいないので、「この規模の会社で、こういう責任の仕事なら、報酬は大体このぐらい」という水準がありません。

そんなわけで、エージェントからこうした質問をされるたびに、「企業が出しても周りと軋轢が生じない金額で良いです」と言ってきました。「企業の水準に合わせます」ということです。でもそれは、エージェントにとってあまり良い答えではないようです。

報酬はその人に対する評価ですから、高いことに越したことはありません。ただ、企業には基本的な報酬の水準があります。それを崩して採用をすると、双方にとって良いことはないと思っています。私の仕事は、企業の再生や成長が目的です。その目的を果たすためには、社内の人をうまく動かさなければなりませんから、周りの人が動いてくれないと困るわけです。

ファンドの投資先で経営をすると、報酬がその人の能力評価につながっているケースや、権限と責任の重さによって報酬が決まるという当たり前のことが理解されないことが多々あります。また経営者の報酬がなぜ高いかを理解しない社員も非常に多いです。

そんな企業で目的を達成する場合は、「周りと軋轢が生じない金額」にしておいた方が良いと考えています。ただ、こんなことを言うよりも、エージェントには素直に自分が欲しい金額を伝えた方が、案件を探しやすいようです。

これから転職を考えている管理職の皆さんは、私のように御託を並べるよりも、今の報酬とこれからもらいたい報酬を素直に伝えた方が良いかもしれませんね。

 

⇨ 管理職の転職~インセンティブって何?

⇦ 管理職の転職~求職者の囲い込み

管理職の転職~「希望する報酬」とは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です