管理職の転職~エージェントやサイトへの登録

Pocket

エージェントやサイトを選ぶ

大企業の管理職をしていたような人が転職する際、どのように活動すれば良いかは以前このブログにも書きました。

そこで今回は、実際にエージェントの面談から企業との面談に至るまで、どのようなプロセスとなるのかを説明したいと思います。

転職することを決めた人は、 知り合いに転職エージェントがいるのであれば、まずは彼らに頼むのが手っ取り早いです。ただ、外資系有名サーチファームや小規模なエージェントは、広く案件を網羅しているわけではないため、求職者の経験や能力とマッチするものは多くないと思います。

そういう場合は、やはり大手の転職エージェントに登録するのが近道です。求職者の経験やマネジメントレベルにもよりますが、大企業の課長クラスであればリクルートエージェント、部長クラスであればリクルートエグゼクティブエージェントやJACあたりが定番になるでしょう。

私はパーソルキャリアにいたので、本来はDODAやiX転職をお勧めしたいところですが、40代後半から50代の求職者の案件は非常に限られてしまいます。やはり、案件の多さという意味では、リクルートやJACが圧倒的に多いです。

ただ、エージェントを探して登録をしても、求職者のキャリアによっては面談すら断られることがあります。それは必ずしも、求職者のレベルが低いということではなく、登録した求職者に紹介できる案件をそのエージェントが取り扱っていないということです。

例えばリクルートグループは若手から経営層までさまざまなキャリアの転職を扱っていますが、同じグループであっても、リクルートエージェントに登録した場合、エグゼクティブエージェントの案件は紹介してもらえません。

ですから、対象外の人が登録しても「あなたには紹介できる案件がありません」という回答が来ることが多いです。このようなメールが来たら、それは単に、あなたがそのエージェントがターゲットとしている層の人材ではないということですから、適切なエージェントに登録すれば良いだけです。

その点、JACはグループで情報を共有しているようで、一度登録すると対象者にあった案件を持つ部門から連絡がきます。案件数はリクルートグループの方が多いですが、当然リクルートにはない案件もありますし、JACに登録すると、まず面談の依頼がきます。この点が、手紙やメールで断りが来るリクルートとは異なる点です。

面談で1時間近く話を聞いてもらえると、案件があるかないかよりも、現在の転職市場の状況や、希望している業界の傾向等を教えてもらえるので、転職者にとっては非常に有用です。

転職したいと少しでも思ったら、まずは転職サイトに登録をして、エージェントに話を聞いてみることから始めるのが良いと思います。

因みに、マネジメントとして転職を考えている40代、50代の人が、「シニアはこちら」というようなサイトに登録すると、届くのはほとんどタクシー会社か警備会社からの一斉配信されたスカウトメールです。あまり知らないサイトに登録するとこのような事態になって結構へこみますから、できれば知っているサイトの方が良いと思います。

いちいち複数のサイトに登録したり案件を探すのが面倒という人は、indeedというサイトで案件を探してみても良いでしょう。indeedには、日本のサイトに掲載されている案件がほぼ全て載っているようですので、そこで案件を見つけてから応募したり、自分が求めている仕事に近い案件を乗せているエージェントに直接アプローチしても良いかと思います。

ただ、Indeedは単なる転職サイトの案件を集めただけなので、転職経験が少ない方や業界等の話を聞きたい人は、JACやリクルートエージェントのサイトに登録して転職エージェントの話を聞いた方が良いと思います。

管理職のための KPIと財務【入門編】

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者は攻めと守りの数字に強くなければなりません。

「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れても目標は達成できません。目標を達成するためには、行動計画に落とし込む必要があります。本書では、売上を行動計画にまで落とし込む方法を簡単に解説します。

また、在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか、赤字でも販売すべきなのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の管理会計の視点を説明します。

経営者や管理職に必要となる最低限の知識を、わかりやすくまとめていますので、新入社員や、これまで全く経営戦略や財務に関わってこなかった若手の営業員でも理解できる内容です。

これから経営者を目指す方にご覧頂けると嬉しいです。

 

⇨ サラリーマンが300万円で会社を買うと(加筆)

⇨ 管理職の転職~企業によって異なるCFO、COOの意味

⇦ 管理職の転職~ヘッドハンティング、人材紹介、転職サイト②

管理職の転職~エージェントやサイトへの登録” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です