新刊『いまさら聞けない財務と数字の話』

Pocket

 

財務会計の初心者向けの本は書店にたくさん並んでいます。しかし、ほとんどの人は、本を読んで理解しても、それを実際に経営の場で使える様にはなりません。

その理由は、財務の初心者向けの本は、ほとんどがB/SとP/Lの見方や財務分析までで、キャッシュフローについてもごくわずか、ましてや、管理会計の話には全く触れられていないからです。 

しかし、財務分析ができても、商品を値引きしてでも売るべきかどうかの判断はできません。事業計画を立てる時に、計画上の営業利益を算出することも、資金繰りがどのようになるかもわかりません。

B/SやP/Lの理解や分析ができても、自分の仕事にそれらが直接結びつかないのであれば、興味を持って学ぶことはできません。

そこで、「財務って勉強しても良くわからない」「P/Lは大事だけど、B/Sなんて借入の金額ぐらいしか見ていない」という人から、「一応、財務分析もできる」という、財務がわかったつもりの過去の私の様な人にまで、実際に経営に必要になる財務や数字について、できるだけわかりやすく伝えたいと思い、本書を出版しました。

本書では、経理の視点からではない、経営の視点から見た数字と財務の話を書いています。駆け出しの営業員から事業責任者や経営者、或いは銀行員まで、実際にビジネスで使える財務数字を学んで頂ければと思います。

↓↓↓↓(Click)

⇦ 転職エージェントと言われる人たち④

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です