転職エージェントと言われる人たち③ 

Pocket

 

転職エージェントと言われる人たちがどんな仕事をするのか、知らない人も多いようです。実際に私の銀行時代の同期と話をしていても、エージェントが何をするのかが理解できないようでした。

「ヘッドハンター」、「人材紹介」、「転職アドバイザー」等々、さまざまな呼び方がありますが、要は人材を募集している企業からの依頼に基づき、それに適した能力や資質を持った人材を企業に紹介し、入社が決まれば報酬を得る人のことをここでは転職エージェントと呼ぶことにします。

人材紹介と人材派遣の違いが判らないという人もいるようですから、少し人材業界のサービスと内容について説明したいと思います。

私は銀行を退職して人材業界に携わるようになったのですが、最初は人材紹介会社が、なぜ無料でコンサルティングをしてくれるのかわかりませんでした。また、同じ工場のラインで働いている人材派遣と業務請負の仕組みの違いも理解できませんでした。

下記に、人材ビジネスを簡単にまとめてみました。

人材紹介は、前述のとおり、企業と求職者を結びつける役割をします。例えばA社が営業課長としての役割ができる人を探しているとすれば、A社の営業課長として求める条件や報酬を聞き、それを基に適切な人材を市場から探し出してマッチングさせるわけです。

求職者が若い場合は、エージェントが履歴書の書き方や職務経歴書の中身について修正してくれたり、面接の際に注意すること等を教えてくれたりもします。しかし、管理職クラスになると普通はそんなことは必要ないはずですから、基本的には履歴書と経歴書をベースにその人がやってきたことを細かく聞き出し、募集内容に合い、求職者が興味を持てば、企業に紹介します。

紹介した人材が入社すれば、人材紹介会社は企業から紹介料としてその人の年収の3割程度を報酬として受け取ります。ざっくり言うと、年収が1千万円の人を紹介して決まれば、3百万円が手数料としてもらえるわけです。

人材紹介会社にはいくつかタイプがあります。外資系のヘッドハンターと呼ばれる人たちや、リクルートエージェントやパーソルキャリアのような日系の大手人材紹介会社、また、そうした会社から独立した人材紹介会社です。これらとは別に、国がやっている紹介会社があります。それが職業安定書(ハローワーク)です。

ちょっと古いですが、下記が転職者が次の会社に入る際に使ったツールです。やはりハローワークが3割近くを占めています。ハローワークを利用する企業はほとんどが中小企業です。日本の企業の99%以上は中小企業ですから、企業の募集も中小企業の数が多く、結果的にハローワーク経由で転職する人が3割になるわけです。

ただ、上場企業や大手企業に勤める管理職が転職する場合は、ハローワークを利用する人は少ないでしょう。報酬もそれなりに高いわけですから、基本的には人材紹介会社を利用するケースが多いと思います。

外資系のヘッドハンターと呼ばれる人であっても、自分で独立して紹介事業を行っている人でも、基本的にはやることは同じ「仲介」です。

世界的に有名な外資系サーチファーム(いわゆるヘッドハンティングの会社)も、他の人材紹介会社とあまり変わりません。ただ、学歴とプライドは無駄に高い人が多いので、他と一緒と言っちゃうと怒られるかも(笑)

これに対し、転職サイトには、企業が直接広告を出して人材を募集します。当然、企業は、募集する役職に近い人がたくさん見る様なサイトに広告を出すわけです。

企業は広告を掲載することで、サイト側に広告料を支払います。広告料は人材紹介業と比較すると金額的には安上がりです。ただし、広告の場合は、採用の可否に関わらず広告料は払わなければなりません。

また、有名企業や条件が良い案件を広告で出すと、応募が殺到することもあります。そうした応募者のスクリーニングを企業の人事部が行うのは結構大変なので、有名企業が採用を行う場合や、ハイランクの人材を採用する場合は、人材紹介会社を使うことが多いと思います。

転職サイトには、人材紹介会社が、自分たちが持っている案件を掲載して集客を図ることも多いです。ビズリーチキャリアカーバー等、ハイクラス向けの転職サイトでは、掲載されている案件はほとんど、どこかの転職エージェントです。

求職者からすると、どちらがメリットがあるかということがよく話題になりますが、個人的には、どっちでもそんなに変わらないと思います。転職エージェントも本当に企業のトップや採用責任者としっかりと話ができていて、企業に必要な人材がわかっている人であれば良いですが、大抵そんなことはありません。

転職サイトの場合は、企業側が履歴書等を見て選ぶ分、途中の工程は省けますが、企業に採用ノウハウ等がないと、結構大変な作業になりますし、求職者側からすると、企業とのさまざまなやりとりを自分でやらなければならなくなるという点は結構大変に感じる人もいるかもしれません。

しかし、転職エージェントであっても、多くの人は、まともに企業とネゴをできないので、サイトを利用するのとあまり変わらないかもしれませんが。

なぜまともに企業と交渉ができないかというと、彼らの顧客は求職者ではなく企業だからです。この辺についてはまた別途お話しします。

最後にちょっとだけ、人材派遣と業務請負に触れておきます。実際にこれから転職をしようと思われている方にはほとんど関係ないと思いますが、一応違いは、誰の指示の下で働くかということだけです。

工場のラインに派遣と業務請負の人が混在しているケースなどでは、実態は、両社とも企業側の指示で動いていることも少なくありません。本当はダメですけどね。今はおそらく改善されてきているのかもしれませんが。

 

⇨ 転職エージェントと言われる人たち④

⇦ 転職エージェントと言われる人たち②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です