管理職の転職~スカウトメールが来た①

Pocket

スカウトメールは突然に

就職や転職に関する相談を受けることがよくあります。また、公的機関の起業相談では、当面の生活を安定させるため、仕事の探し方をアドバイスすることもあります。

転職に関しては、さまざまな情報が溢れていますので、今更と言う感じですが、大企業で役職定年を迎える50代の人たちが、転職に際してほとんど知識がないことに気づきました。そこで、今後増えるであろう50代以降の転職者や、これから経営陣を目指す管理職の方々が、エージェントをうまく使い、自分が望む仕事に就くことができればと思い、これまでの経験をシェアしてみます。

私は独立していますが、転職や顧問のサイトにも登録をしています。その理由は営業活動です。こうしたサイトに登録をしていると、経営者を求めている企業から話があることも多いからです。

ある日、登録する転職サイト経由でエージェントから、下記のようなメッセージをもらいました。

 

 

さて、あなたがこのメールをもらったら、どう思うでしょうか。

転職サイトに登録したばかりの人ならば、「おおっ!私にもスカウトメールが!」と喜ぶのではないでしょうか。エージェントはスカウトメールをタダで送信できるわけではありません。スカウトメール数に応じてサイトにコストを支払っているため、誰にでもスカウトメールを送るわけではありません。

アプローチの目的

転職エージェントがアプローチをする目的は、当たり前ですが企業にマッチする人材を探すことです。実際、転職サイトを探しても、企業の人材ニーズにぴったりマッチする求職者はなかなかいません。経営層に近い人材になれば尚更難しくなります。ですからエージェントは、経営管理層が数多く登録しているような転職サイトを利用して、自分の案件にマッチする人材を探してアプローチをします。

一方、別の目的で転職サイトに登録する人材にアプローチをするエージェントもいます。求職者からの相談数を増やすことを目的とした人たちです。企業に求職者を紹介することが目的ではなく、求職者からの相談数を増やして、企業や転職希望者にアピールすることを目的とするエージェントです。

多くの転職サイトでは、登録者が相談をした後にエージェントを評価する仕組みがあります。評価が高いエージェントであれば、登録者が集まりやすく、企業とのマッチング率も上がり、結果的に仕事が増えます。

転職サイトに登録して間もない人が、「ぜひあなたと面談したい」とスカウトメールをもらうと悪い気はしません。50代の管理職がサイトに登録しても、何かの領域で高いスキルや実績がなければ、なかなかスカウトメールは届きませんから。

しかし先ほどのメールのタイトルを見ると、一斉に送ったメールのようにも感じます。いつもは、こうしたメールにはお断りの返信をするのですが、このエージェントのある部分にとても興味を持ちました。それは、エージェントが700名以上から評価を受け、その平均が4.3と非常に高いことです。

実際にレビューを見てみると、「的確な転職アドバイスを受けられた」とか、「履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらった」とかいう言葉がならんでいます。「履歴書や職務経歴書の書き方」や「的確な転職アドバイス」って何でしょう。

このサイトは、年収1,000万円以上の案件が大半を占めるハイクラス人材向けの転職サイトでした。このようなサイトに登録している管理職、恐らく40代、50代の人が、職務経歴書の書き方や、転職アドバイスで「目からうろこでした」とかレビューに書いているわけです。一体誰にどんなアドバイスをしているのか、どのような人が相談で「目からうろこ」なのかを知りたくなりました。

転職サイトのレビューは、Amazonのレビューのように、アルバイトが書き込めるものではありません。実際にエージェントとメールのやり取りをして面談した人だけが書き込める仕組みになっています。ですから、「さくら」はいないはず。そこで、エージェントに返信してみることにしました。

「スカウトメールを頂戴しありがとうございます。ところで、私の経歴書をご覧いただいた上でご連絡頂いたのでしょうか」と聞いてみます。するとしばらくしてこのエージェント「Y氏」から返信がありました。

「もちろんです。ぜひ紹介したい案件があるので一度面談しましょう。履歴書と職務経歴書を送って下さい。また都合の良い面談日時を2-3教えてくれませんか。」

転職サイトには、履歴書と職務経歴書を登録するページがありますが、それをそのまま企業に渡すわけにはいかないので、エージェントは面談の際、このように写真付きの履歴書と経歴書を要求します。

エージェントに面談の候補日時を3つほど伝えたところ、先方は随分と忙しいようで、2週間後の日曜日に面談することになりました。

管理職のための KPIと財務【入門編】

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者は攻めと守りの数字に強くなければなりません。

でも、「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れても目標は達成できません。目標を達成するためには、行動計画に落とし込む必要があります。本書では、売上を行動計画にまで落とし込む方法を簡単に解説します。

また、在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか、赤字でも販売すべきなのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の管理会計の視点を説明します。

経営者や管理職に必要となる最低限の知識を、わかりやすくまとめていますので、新入社員や、これまで全く経営戦略や財務に関わってこなかった若手の営業員でも理解できる内容です。

これから経営に携わる方にご覧いただけると嬉しいです。

 

⇦ 管理職の転職~できる仕事の確認

⇨ 管理職の転職~スカウトメールが来た②

管理職の転職~スカウトメールが来た①” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です