管理職の転職~あるエージェントとの面談①

Pocket

スカウトメールは突然に

私は過去に、インテリジェンス(現パーソルキャリア)で経営に携わっており、実際に自分も転職をしているので、就職や転職に際しての相談を受けることも少なくありません。また、公的機関の起業相談では、雇止めになった等の理由で起業相談に来た人に、当面の生活を安定させるための職の探し方等のアドバイスをすることもあります。

ただ「転職」については、世の中にさまざまな情報が溢れかえっています。ですから、このブログで、転職に関して何かを発信する必要は感じていませんでした。

しかし、ある転職エージェントと話をした際、大企業で役職定年を迎える50代の人たちが、転職に際してほとんど何の知識も持っていないことに気づきました。

そこで、これから増えるであろう50代以降の転職者や30代で経営者を目指している人が、エージェントをうまく使い、自分が望む仕事を得るために、私が知っていることを少しでもシェアしたいと思い、ブログに書くことにしました。

私は独立してから5年が経ちますが、転職サイトにも登録をしています。こうしたサイトには、基本的には転職者を求める企業が広告を出していますが、私のような経歴であれば、フルタイムでCFOを雇うほどのニーズや資金的な余裕がない新興企業やエージェントからのアプローチもあるからです。

ある日、登録していた転職サイト経由で知らないエージェントから、下記のようなメッセージをもらいました。

 

 

あなたがこのメールをもらうとどう思うでしょうか。サイトに登録したばかりの人ならば、「おおっ!私にもスカウトメールが!」と喜ぶ人が多いかもしれません。スカウトメールはタダで出せるわけではありません。「この人とコンタクトしたい」とエージェントが思わなければ、基本的にはメールしないはずですからね。

アプローチの目的は

転職エージェントが転職サイトに登録している人材にアプローチをする目的は、良い求職者を探すことです。

企業の人材ニーズにマッチする求職者はなかなかいません。経営層に近い人材になれば尚更難しくなります。ですから、このような経営管理層が数多く登録しているような転職サイトから、自分が抱えている案件にマッチする人材を探してアプローチをします。

その一方で、別の目的で転職サイトに登録する人材にアプローチをするエージェントもいます。

彼らは、求職者からの相談数を増やすことを目的としています。

求職者を探したり相談を受けたりすることが目的ではなく、相談数を増やして、企業や転職希望者にアピールすることを目的とするエージェントです。

数多くの相談を受けている経験豊富なエージェントは、転職希望者から優秀なエージェントだと判断されます。転職希望者がたくさん集まると企業に判断されれば、企業からの案件も集めやすくなりますし、転職相談のエキスパートとしての評価が高まり、別の仕事も舞い込みます。

私にメールを送ってきたエージェントの目的はまさにこれです。

普段私は、こうしたスカウトメッセージを送ってくるエージェントとの面談はお断りしています。彼らの目的は、転職相談の数を増やすことなので、基本的には何か案件を持っているわけではないからです。

しかし、サイトに登録して間もない人が、「ぜひあなたと面談したい」とスカウトメールをもらうと悪い気はしません。

実際に、50代でサイトに登録した場合、何かの領域で高いスキルや実績がない限りスカウトメールは届きません。ですから、こうしたメールが届くと登録した人は、すぐに話を聞きに行きたくなります。

そこで、先ほどのメールを見てください。

メールのタイトルが日本語としておかしいです。また内容も、数多くの相談者と面談したキャリアを持つ自分が相談者の話を聞いてあげるというもので、スカウトメールとはいっても、私の経歴を見て送ってきたものでないことは明らかです。

いつもは、こうしたメールには丁寧にお断りの返信をするのですが、このエージェントのある部分にとても興味を持ちました。それは、評価が4.3と非常に高いことです。

700名以上からレビューを受け、その評価が4.3とはかなりの高評価です。実際にレビューを見てみると、「的確な転職アドバイスを受けられた」とか、「履歴書や職務経歴書の書き方を教えてもらった」とかいう言葉がならんでいます。

「履歴書や職務経歴書の書き方?」「的確な転職アドバイス?」

なんか変です。

このサイトは、年収1,000万円以上の案件が大半を占めるハイクラス人材向けの転職サイトといわれる「enミドルの転職」でした。そういうサイトに登録している管理職、恐らく40代50代の人が、職務経歴書の書き方や、転職アドバイスで「目からうろこでした」とかレビューに書いているわけです。

「なんか変だな。」という気持ちと、誰にどんなアドバイスをしているのか、どんな人が相談で目からうろこなのだろうかを知りたくて、このエージェントのWEBサイトを覗いてみました。

HPは、あまり力が入っているサイトとは言えません。一昔前のサイトの構成です。この会社になぜこれほどまでに人が相談に訪れ、レビューもこんなに評価が高いのか。

転職サイトのレビューは、Amazonのレビューのように、アルバイトが書き込めるものではありません。実際にエージェントとメールのやり取りをして面談した人だけが書き込める仕組みになっています。

そこで、エージェントに返信してみることにしました。

返信では、「スカウトメールを頂戴しましたが、私の経歴書をご覧いただいた上でご連絡頂いたのでしょうか」と聞いてみます。

するとしばらくしてこのエージェント「Y氏」から返信がありました。

そこには、「もちろんです。ぜひ紹介したい案件があるので、一度面談したい。ついては履歴書と職務経歴書を送って欲しい。また都合の良い面談日時を2-3教えて欲しい。」とありました。

テレビCMでもおなじみの ビズリーチenミドルの転職等のサイトにも、履歴書と職務経歴書を登録するページがありますが、WordやExcelのように見やすくはありません。サイトにはいろいろな情報がありすぎて、企業に渡すための履歴書や経歴書としてはふさわしくないため、面談になれば、このように写真付きの履歴書と経歴書を要請されることが基本です。

エージェントには、面談の候補日時を3つほど伝えたところ、先方は随分と忙しいようで、2週間後の日曜日に面談することになりました。

そこで、次の週の日曜日の午後、ジャケットだけ羽織り、エージェントがある千代田区の古いビルに、面談のために出向きました。

 

⇦ 管理職の転職~あと20年

⇨ 管理職の転職~あるエージェントとの面談②

管理職の転職~あるエージェントとの面談①” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です