50代の転職~何から始めるか

Pocket

 

50代で転職サイトに登録した理由

私は52歳で前職を退社し、独立することになったのですが、元々は起業したいと思って会社を辞めたわけではありませんでした。10年間ほど、ファンド投資先2社の経営に携わった後、ファンドもExitしてお役御免になったため、次は一般事業会社の経営に携わろうと思って、自分でいくつかの企業にアプローチをしました。

最終的には、一般事業会社ではなく、政府系ファンドの投資先アドバイザーとなったために、「起業」することになるのですが、それも法人か個人事業主にならないとアドバイザーフィーがもらえないことがわかったため、仕方なく開業届を出しただけです。

こんな経緯ですから「独立」という感覚は、あまりありませんでした。

前職を辞めた時は、ファンドと働くつもりはありませんでした。コンサルタントとしての起業も考えたことはありましたが、外部から経営者に提言する仕事よりも、組織として大きな仕事を自分でやれる仕事が好きなので、次も経営に携われる仕事をしようと考えていました。

30年も仕事をしていると、お願いすれば助けてくれる人が何人かはできます。会社を辞める際には、一緒に仕事をしてきた人や会社からお仕事の話も頂きました。しかし、私は天邪鬼なのか、よく知っている人の世話になるということができない性質なのです。

ですから、人脈を活かして仕事をするとか、何かをお願いするということができないのです。多分、変なプライドがあるからだと思います。基本的に誰にも借りをつくりたくないのです。

めんどくさい性格だと我ながら思います(笑)

そんなわけで、次の仕事は自分で探さなければなりません。これまで自分がやってきた、老舗企業で経営を再構築して成長軌道に乗せるという仕事ができそうな企業をいくつか自分でピックアップし、ターゲットとした企業の社長に直接アプローチをしてみました。

しかし私は、これらの企業の社長とは全く面識はありません。一応自分のプロフィールとかリファレンス先をつけて連絡したものの、紹介されたわけでも会ったこともない人間から突然アプローチされることはウエルカムではないようで、全ての企業から丁寧にお断りされました。

もちろん、こうしたアプローチを好む経営者もいると思いますが、老舗で経営がちょっと傾いている中堅・大企業では、このようなアプローチは、今考えると、まあ受け入れられないだろうなあと思います。

そこで、仕方がないので、ヘッドハンティングの会社やエグゼクティブ向け転職サイトに登録することにしました。

職務経歴書を準備する

こうした登録をする際は、履歴書と職務経歴書を準備しなければなりません。 私は銀行に勤めていた時から、正月に、自分の履歴書と職務経歴書をアップデートすることにしていました。

その理由のひとつは、ファンドの投資先では結果を出さないと1年でクビになりますし、投資先が売却されれば、基本的に退任するという契約をファンドとしているからです。ですから、いつでも次の仕事に行ける準備をしておかねばなりません。

もうひとつの理由は、自分が1年間やってきたことを振り返るためです。過去の仕事を振り返り、自分が職務経歴書に書けるような仕事をしたかどうかを見直すことは大事です。毎年、自分がどんな仕事をして、どのようなものに貢献し、何で失敗したのか、それが自分の将来にどうつながるかを考えるために、職務経歴書のアップデートはとても役に立ちます。

人材紹介会社でCFOをしていた時は、新卒や中途採用面接で、毎年100~200名の履歴書や経歴書を見る機会がありました。書類の書き方は、人によって様々ですが、書き方ひとつで受ける印象はかなり変わってきます。

WEBでは履歴書や経歴書の書き方についてアドバイスしているサイトもあります。何をどのように書くか、どのような構成にすれば良いかは、そうしたサイトを見れば詳しく説明してあります。例えば、リクルートエージェントのサイトには、書き方だけでなく、職種別の見本も載っているので、職務経歴書を全く書いたことがないと言う人は一度見てみると良いと思います。

しかし、書き方がわかっても、実際に何を書くべきかがわからない人もいると思います。

職務経歴書は、見る人に自分をアピールするツールです。20代、30代とは違う、30年間の経験や、これまでの実績が相手が求める価値があるものであることが伝わらなければなりません。

単に経歴を良く見せるということではなく、自分が何をやりたいか、何ができりうかを、相手に伝え、それに価値を見出してくれる企業を探すことが大事です。場合によっては、相手が求めているレベルをかみ砕いて、職務経歴書に書かなければならない場合もあります。

ここでは採用側、採用される側の両方の私の経験を基に、エージェントやサイトの選び方やその裏側、大企業とは異なる、ファンドの投資先やオーナー企業、中堅・中小企業の実態、起業する場合の準備等々についてお伝えしていきたいと思います。

 

⇨ 50代の転職~職務経歴書に何を書けばいいのか

⇦ 起業相談、いつのまにか転職相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です