赤字続きのこの事業、やっぱり辞めた方が良いのでしょうか?

Pocket

 

辞めれば問題は解決?

全ての事業が儲かっていれば良いのですが、実際にはなかなかそうはいきません。どんな企業でも、儲かっていない赤字事業や製品はあります。いつまでたっても儲からない事業をどうするか、、、経営者なら頭の痛い問題です。

「仕方ないから、この赤字事業を清算しよう」、「赤字の製品を作るのをやめよう」とふつうは思うかもしれません。でも、ちょっと待ってください。

赤字事業を辞めれば、企業の業績が改善し、問題は解決するのでしょうか?

次の問題を解いて考えてみましょう。 

 【問題】

この問題は、まず変動費と固定費を分けて考える必要があります。設問にある通り、Ⅹ社では、製品AとBを同じ設備を使って作っています。かかる人件費も変わりませんから、固定費が増えることはありません。一方、変動費は売上が増えた分だけ増加します。従って、製品Aと製品Bの売上、変動費、固定費は下記のようになります。 

 

次に、利益の出ている製品Aだけを製造する場合と、現在同様、AとBを製造する場合を比較します。X社が製品Aだけを製造する場合は製品Bの売上と変動費がなくなります。しかし、製品Bの固定費は減りません。何故なら、製品Bを作るための工場設備や人員は、製品Aと共有されているからです。製品Bの製造を辞めて人員整理ができれば、一部の固定費は減りますが、なかなかそうはいきません。

これを踏まえて、製品Aと製品Bを販売する場合①と、製品Aのみを販売する場合②が下記になります。

製品Aと製品Bを販売する①の場合、損益は±ゼロでしたが、赤字の製品Bを辞め、製品Aだけを販売する場合の損益は350千円の赤字となってしまいました。この理由はBの製造を辞めると、変動費は減りますが、固定費を減らすことはできないからです。  

固定費を賄う

前回「 赤字の受注は断るべきか 」で、大口の注文を半額で受注するかどうかについて、限界利益の考え方をお伝えしました。損益が赤字であっても、限界利益がプラスの製品であれば、少なくとも固定費は賄われていることが理解できたと思います。今回、製品Aと製品Bについても限界利益を計算すると、製品Aは550千円、製品Bは350千円となります。製品B単体の損益は赤字ですが、限界利益は350千円となり、この分だけⅩ社の固定費をカバーしていることになります。 

このように、同じ工場や設備、人員で複数の製品を製造している場合、ひとつの製品の製造を中止すると、中止した製品の変動費は削減できても固定費は削減できません。上記のように製品Aと製品Bが負担している固定費が900千円だとすると、製品Bの製造を中止した場合、製品Aが固定費900千円を全て負担することになってしまいます。

だからと言って、このまま製品Bの販売を続けることが良いわけではなく、値上げを行う、販売数を増やす、変動費や固定費のコストを下げる、等々の施策は取らなければなりません。例えば、次の図のように、製品Bを中止する代わりに、製品Aを増産(1千個→2千個)すれば、製品Bが負担していた固定費を賄うことができ、更に損益面でもプラスにすることができるようになります。  

上図では、単純に1千個を2千個に増やしていますが、変動比率と固定費額から損益分岐点売上が計算できれば、製品Aを何個作れば損益がプラスになるかを計算することもできます。

このように、管理会計を理解できるようになれば、数字の根拠を示して経営判断ができるようになります。もちろん、それだけで経営状態が改善するわけではありませんが、勘と経験、そして決断力を持つ経営者が、数字を理解すれば鬼に金棒です。

拙著『管理職のための KPIと財務【入門編】』では、経営者や管理職が知っておくべき財務やKPIについて一から説明していますので、ご興味がある方は是非ご覧下さい。
↓↓↓

 

⇨  最適のプロダクトミックスを考える

⇦  赤字の受注は断るべきか

赤字続きのこの事業、やっぱり辞めた方が良いのでしょうか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です