赤字事業を辞めれば損益は改善するのか

Pocket

 

赤字事業を辞めれば問題は解決するのか

全ての事業が儲かっていれば良いのですが、実際にはなかなかそうはいきません。一般的な企業なら、儲かっていない赤字の製品も当然あります。いつまでたっても儲からない事業。経営者なら辞めたくなりますよね。

しかし、単に赤字製品の製造をストップすれば問題は解決するのでしょうか。次の問題を考えてみて下さい。 

 【問題】

この問題を考える時も、まず変動費と固定費を分ける必要があります。設問にある通り、X社では、製品AとBを同じ工場の同じ設備を使って作っています。当然社員も同じです。変動費は材料費、固定費は人件費と設備関連費となりますので、下記のように分解することができます。 

 

そこで、製品Aだけを製造した場合と、現在同様、AとBを製造する場合を比べてみます。X社が製品Aだけを製造する場合は、売上も減りますが、その分、変動費も減ります。しかし、固定費は減りません。何故なら、製品Bを作るための工場設備や社員は、製品Aも作っていました。Bがなくなったからと言って、設備の売却や人員整理ができる訳ではありません。製品AとBを販売する場合と、製品Aのみを販売する場合を表にしたものが下記になります。

AとBを販売していた際は、損益はゼロでしたが、赤字の製品Bを辞め、Aだけを販売した際の損益は350千円の赤字となってしまいます。この理由はBの製造を辞めても設備や人といった固定費は変わらないからです。同じ設備と人員を使ってAとBを製造しているわけですから、Bを辞めれば、材料費である変動費は減っても、人件費や設備にかかる様々なコスト(固定費)は減りません。  

固定費を賄う

前回の「 赤字の受注は断るべきか 」では、大口の注文を半額で受注するかどうかについて、限界利益の考え方を説明しました。損益が赤字であっても、限界利益がプラスの製品であれば、少なくとも固定費は賄われていることになります。下記の通り、製品Aの限界利益550千円、製品Bの限界利益は350千円となります。つまり現在、製品Bは赤字ですが、350千円の限界利益を生み出しています。 

同じ設備や人員でAとBを製造販売している場合、どちらかを中止すれば、辞めた製品の変動費は削減できますが、固定費の900千円はなくなりません。製品Bを辞めた場合、製品Aが当社の固定費900千円を全て負担することになってしまうわけです。
もちろん、だからと言ってこのまま製品Bの販売を続けることが良いわけではありません。値上げを行う、販売数を増やす、変動費や固定費のコストを下げる、等々の施策を取らなければなりません。例えば、次の図のように、Bを辞める代わりに、Aを増産(1千個→2千個)すると、Bでカバーしていた固定費を賄うことができ、更に損益面でもプラスにすることができるようになります。  

ここでは単純に1千個を2千個にしていますが、変動比率と固定費額から損益分岐点売上が計算できれば、製品Aを何個作れば損益がプラスになるかも計算することができます。

このように、管理会計を理解できるようになれば、もっと簡単に言うと、変動費と固定費が分けられるようになるだけで、数字の根拠をもって経営を行うことができるようになります。それだけで経営状態が改善するわけではありませんが、勘と経験、そして決断力を持つ経営者が、数字を理解すれば鬼に金棒ですので、経営者にはこの仕組みを理解して頂ければと思います。

経営者や管理職が知っておくべき財務やKPIを学ぶためのテキストをこちらに用意しております。経営を行う際のベースとなる攻めと守りをお伝えするものですので、ご興味がある方は是非ご覧下さい。
↓↓↓

 

⇨  最適のプロダクトミックスを考える

⇦  赤字の受注は断るべきか

赤字事業を辞めれば損益は改善するのか” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です