誰でもできる、売上が倍増する目標の作り方

Pocket

 

前回、「売上標達成にはKPIを作れ!」というブログをシリーズで書いたのですが、今読み直してみると、見直すべき点や文章がわかりにくい点が多々ありました。

ブログの記事は、仕事の合間に書いているのですが、できるだけ初めての人にもわかりやすく伝えたいという気持ちがある一方で、少しでも頻度高くいろいろなことを早く伝えたいという気持ちがあることから、「まず書く」ことを優先し、誤字脱字や修正すべき文章は、気づいた時に修正していました。

ただ、過去に書いた記事を単純に修正するよりも、過去の記事をベースに必要な点や修正すべき点を編集をしながら再度UPしていく方が良いかなと思うようになりました。

その理由は、過去のモノを修正しても、今読んでいただいている方はその記事をわざわざ見ることはないからです。これでは、間違った情報を伝えてしまったり、本当に伝えたかった事が伝わりません。

そしてもうひとつの理由は、同じ話を何度も目にすることで理解が深まるからです。

これは昔、研修を受けていた時に常々感じていたことです。特に財務などはそうですが、その場では理解できても、実際に家に帰ってみたら理解できない、「じゃあ説明してみて」と言われても説明できないということが往々にしてあります。

若手だった頃、「同じ研修を何度も受講できればもっと理解が深まるのに」と思ったことも何度もあります。

私はブログを日記的には使っていないので、そういう意味からも、「これは伝えたい」と思ったノウハウやスキルは、ちょっと形を変えて何度か伝えた方が、読む人も理解できて良いのではないかと勝手に思っています。

「もういいよ」って方には申し訳ないですが、こういう理由で、目標設定とKPIについて再度できるだけわかりやすくお伝えしたいと思います。

ということで、次回から「誰でもできる、売上が倍増する目標の作り方」を15回シリーズでお届けしたいと思います。

経営者が数字だけで目標を与えても、達成する意味を説明できなければ営業員は目標達成に対し熱意を持てません。また、目標を与えただけでは営業員はどのようにそれを達成して良いかわかりません。

目標が毎回達成できない理由は目標を達成するための行動にあります。目標を達成するためのKeyとなる行動指標、KPI(Key performance Indicator)の設定方法を知りたい経営者や営業責任者、そして将来の幹部候補の方に是非ご覧頂きたいと思います。

 

⇨ 誰でもできる、売上が倍増する目標の作り方①

⇦ 理想のリーダー像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です