理想のリーダー像

Pocket

リーダーの資質

理想のリーダーというと、どんな人が思い浮かぶでしょうか。

西郷隆盛?、ジェフ・べゾス?、孫正義?、最近では吉村洋文大阪知事なんかも人気ですね。

一昔前まで、リーダーには、「常に先頭に立ち、皆を正しい方向に引っ張る不屈の精神を持った熱い人」みたいなイメージを持っていました。

初めてチームリーダーになった時、イメージするリーダーのようにマネジメントをしようと思って張り切っていました。しかし、宗教も生活習慣も違うジャカルタで、自分のマネジメントスタイル(らしきもの)はなかなか受け入れられません。

自分なりに正しいと思ってやったことが実は正しくなかったり、相手のことを考えて指示したことが異なる解釈をされたりという毎日です。チームを間違った方向に導いてしまったことは数知れず、不屈の精神力なんかもありません。随分と周りに迷惑をかけたに違いないと反省しきりです。

それから30年近く経ち、銀行で多くの経済界のリーダーと関わり、また自分でもいくつかの企業で経営に携わる中で、リーダーに対するイメージも少しずつ変化していきました。

常に先頭に立ち、皆を正しい方向に引っ張る不屈の精神を持った熱い人ではなくても素晴らしいリーダーがたくさんいる。リーダーにはさまざまなタイプの人がいることに気づいたからです。

因みに「リーダー」と言っても学校の班長や企業の課長等、様々な人がいますが、私がここで言う「リーダー」とは自分で権限と責任を持って組織を牽引している人のことです。具体的には国や企業、事業部門のトップのことです。

ある大学院の教授は、「観察できること」がリーダーの最も重要な資質と言っています。観察できる人は、組織の中で誰が悩んでいるか、楽しんでいるかがわかります。そう言う意味では確かにリーダーの資質のひとつかもしれません。

しかし、それが最も重要かと言われるとそうは思いません。リーダーに最も求められることは、チームの目標を達成に導くための意思決定ができるかどうかです。

単に観察するだけではなく、観察して、事実を探し出し、その中からいくつかの解決策を考え、決めるという意思決定を行い、やり遂げる。それがリーダーには求められます。

経営者は景気の動向や不祥事、コロナ禍で顧客が来ない等々、さまざまな想定外の出来事の連続の中で状況を判断し、企業を成長させるためには何をすべきか、守るためにはどうするかを瞬時に決断していかねばなりません。

意思決定ができること

スポーツの世界で成功した人が経済界に於いてもリーダーとして成功するケースも少なくありません。アメリカでは、フットボールのヘッドコーチや選手経験者が企業のリーダーとして成功しているケースを多く見うけます。日本でも経営者の中にはラグビーやアメリカンフットボールをやっていた人も多いですよね。

例えばアメリカンフットボールは意思決定の連続です。 ヘッドコーチは、選手の特長や能力を活かせる攻撃や守備の陣形とプレーを考え、試合中に相手の戦術を先読みしながら必要に応じて選手を入れ替えます。

選手や相手チームの状態を知るには、当然、観察力がなければなりません。目まぐるしく状況が変わるゲームの中で、無数の選択肢の中からプレーを選択し、決められた時間内でチームを勝利という目標に導く。アメリカンフットボールは、正に意思決定の連続のようなゲームです。

こうした局面を数多く経験し、トップとして意思決定を行ってたコーチや選手だからこそ、経営者としても成功する人が多いのだと思います。

理想のリーダー像は人によって異なります。熱い心を持ち、部下を叱咤激励して共に汗を流せる人、常に冷静沈着で事実に基づいて行動し、決して感情的にならない人、周りの話をよく聞きじっくり考えてから動く人、部下と友達のように付き合うことを大事にする人、社員が働きやすい環境作りに力を入れる人、等々さまざまです。

感情を抑える力、観察力や洞察力、コミュニケーションスキルや対人交渉力はリーダーとして必要とされる資質や能力ですが、それだけで「理想のリーダー」になれるわけではありません。

企業は目的を掲げ、その目的に向かって目標を設定します。「目的」は組織のミッションや存在意義であり、「目標」はビジョンのようなものです。

企業のリーダーは、こうしたミッションやビジョンを掲げ、その達成に全力を尽くす人です。そして、さまざまな問題に直面しても、常に正しい(と信じた)意思決定を行い、最終的には目標を達成する、それがリーダーには求められます。

リーダーに求められることは「意思決定ができること」です。

重要な局面で意思決定ができるかどうか、たとえそれが間違っていても決められること。それがリーダーに求められることです。いつまでたっても決められない、自分で責任を取らない人はリーダーではありません。

そして「理想のリーダー」は、常に正しい意思決定を行い、結果を出す人です。

意思決定ができ、人柄も良い人格者であっても、結果が出せなければ理想のリーダーとは言えません。

「理想のリーダー」には、プロセスだけでなく結果を出すことが求められます。

年功序列から実力主義、ワークライフバランスや働き方改革等々、どんなに環境が変わっても、常にその環境に対応して最善の意思決定を行い、結果を出し続けることができる組織のトップ。

それが、経営に於ける理想のリーダーではないかと思います。

新刊『管理職のためのKPIと財務』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

「今月の売上は〇〇百万円を死守!」と気合を入れても売上目標は達成できません。目標を達成するためには、行動計画に落とし込む必要があります。本書では、売上を行動計画にまで落とし込む方法を簡単に解説します。

また、在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか、赤字でも販売すべきなのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の管理会計の視点を説明します。

経営者や管理職に必要となる最低限の知識を、わかりやすくまとめていますので、若手営業員や新入社員からこれまで全く経営戦略や財務に関わってこなかった人でも理解できるような内容となっています。

ご興味がある方はぜひご覧ください

 

⇨ 事業承継に於ける経営ビジョンの重要性と創り方

⇦ 社員を生産性とアウトプットで評価するために