採用・不採用を分けるモノ

Pocket

 

最近、就活中の学生や転職しようと思っている人たちの不安の声が良く聞こえてきます。市場の状況がガラッと変わってしまったわけですから確かに不安でしょう。

銀行時代はリクルーター、人材会社や機械メーカーでは最終面接官として、数多くの新卒・中途採用面談をしてきました。

キャリアコンサルタントではないので、「面接の極意」みたいなことを伝授することはできませんが、ひとつだけ言えることがあります。

それは、採用されるかどうかは会社との相性次第、つまり「相手にスキだと思われるかどうか」ということです。

全ては相手がスキかどうか

例えば、面接の結果は、学歴や能力よりも相性で決まります。候補者と会社の社風、リクルーターや面接官との相性です。お互いにスキと思えるかどうか、それが全て。

スキかどうかって。。。

でも、突き詰めればそんなことで採用か不採用が決まります。

あなたはその会社、何で受けようと思ったのでしょうか?

有名企業だから、給料が良い、海外に行ける、なんとなく、、、色々でしょうが、「この会社イイなあ」と思ったから受けてみようと思ったはずです。

そして、最初は何となく「イイなあ」と思っただけでも、会社を良く知るとますます「スキになる」か「それほどでもなかった」かになります。

採用する会社も同じです。この人イイな、スキだなあと思うか思わないか。

書類選考で「イイかも」と思われ、試験を通過して面接することになれば、候補者は会社が求める基本的な能力は満たしているわけです。

あとは、「人柄がスキ」、「面白いからスキ」、「気が弱そうでスキ」、「ちょっと抜けてるからスキ」

兎に角、相手にスキと思われれば採用されます。

先日、テレビでYouTuberのフワちゃんが自らのアルバイト遍歴を話していました。彼女は試食を勝手に食べてしまったり、ミスを多発してしまい、数々のアルバイト先をクビになったそうなのですが、そんな彼女を採用し、失敗してもクビにせずに雇い続けてくれた店長がいたそうです。

きっとその理由は、店長がフワちゃんの人柄をスキだったから。

会社の合併や買収を行う場合も同じです。

M&Aでは、両社長の最初の面談がとても大事です。「Chemistryが合う」と言うのですが、「相手の社長、なんかイイかも」と思うと話は進み、「ちょっとなあ」と思われれば大抵そこで案件は終わります。

探せばきっと出会えます

就活や転職の面接で、結果がついてこなければ落ち込みます。

しかし、面接で上手く行かなかった理由は、候補者に能力がなかったからでも、志望理由をうまく答えられなかったからでもありません。

単に面接官にあまりスキだと思われなかったからです。

素晴らしい経歴を持ち、立て板に水のように質問に答えるさわやかな学生でも、「あまりスキじゃない」と思われれば採用はされません。

成績があまり良くなくても、面接官に「なんかイイねえ」と思われれば採用されます。

面接官は候補者の能力だけでなく、性格や考え方、雰囲気が社風に合うか、「イイねあの人」と思ってもらえそうな人かを見ています。

面接で採用されないということは、会社と候補者の相性が合わないということです。面接の受け答えや技術は関係ありません。そもそも「スキ」と思われなければ何をしても無駄です。

だから、面接がダメだったらさっさと次を探しましょう。あなたの能力や人間性が会社に否定されたわけではありません。

「イイねえ、スキだなあ!」と思われる会社。

探せばきっと出会えます。

 

 

⇨ 若手&女性にはお勧め、「中小企業診断士」資格①

⇦ 正しく評価するためではなく、成長を図るために行う人事評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です