今さら聞けない財務と数字の話㉚~原価割れでも販売するか?

Pocket

 
費用を変動費と固定費に分けて捉えることができると、取引を行うべきかどうかをより正確に判断することができます。

限界利益は「売上-変動費」であり「固定費+営業利益」です。飛行機会社がチケットの安売りをしてまで搭乗者数を増やすのは、少しでも固定費を回収するためでした。

事業では利益を出すことが最も大事です。ただそれは、P/Lで見ている営業利益や当期利益から判断すべきものではないかもしれません。

値引きすることを条件に大量の注文が入ることもあります。営業利益が少しでも確保できれば良いのですが、場合によってはコストを下回ってしまうこともあります。

例えば下記の図表を見て下さい。洋菓子店のA社に、取引先のホテルから大量の注文が入りました。通常A社のショートケーキは1個800円で販売していますが、これを500円に下げてくれれば5千個を発注すると言っています。

販売価格とコストは図表の通りです。A社は今期決算の目標であった12千個のケーキを既に製造しました。しかし、年間生産能力は18千個なので、5千個を追加で製造することは可能です。

A社はこのオーダーを受けるべきでしょうか。ちょっと考えてみて下さい。

 

図表:A社はこのオーダーを受けるべきか否か

 

⇨ 今さら聞けない財務と数字の話㉛~限界利益で判断する

⇦ 今さら聞けない財務と数字の話㉙~固定費型と変動費型企業の違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です