今さら聞けない財務と数字の話㉚~原価割れでも販売するか?

Pocket

原価割れでも販売するか?

費用を変動費と固定費に分けて捉えることができると、取引を行うべきかどうかを、より正確に判断することができます。限界利益は「売上-変動費」であり「固定費+営業利益」です。航空会社がチケットの安売りをしてまで搭乗者数を増やすのは、少しでも固定費を回収するためでした。

事業では利益が最も大事です。ただそれは、P/Lで見ている営業利益や当期利益から判断すべきものではないかもしれません。

値引きすることを条件に大量の注文が入ることもあります。営業利益が少しでも確保できれば良いのですが、場合によってはコストを下回ってしまうこともあります。

下記の図表を見て下さい。

洋菓子店のA社に、取引先のホテルから大量の注文が入りました。通常A社のショートケーキは1個800円で販売していますが、これを500円に下げてくれれば5千個を発注すると言っています。

販売価格とコストは図表の通りです。A社は今期決算の目標であった12千個のケーキを既に製造しました。しかし、年間生産能力は18千個なので、5千個を追加で製造することは可能です。

A社はこのオーダーを受けるべきでしょうか。ちょっと考えてみて下さい。

  

図表:A社はこのオーダーを受けるべきか否か

『管理職のための KPIと財務【入門編】』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者は攻めの数字と守りの数字に強くなければなりません。

「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れても目標は達成できません。目標を達成するためには、行動計画に落とし込む必要があります。本書では、売上を行動計画にまで落とし込む方法を簡単に解説します。

また、在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか、赤字でも販売すべきなのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の管理会計の視点を説明します。

経営者や管理職に必要となる最低限の知識を、わかりやすくまとめていますので、新入社員や、これまで全く経営戦略や財務に関わってこなかった若手の営業員でも理解できる内容です。

ご興味がある方はぜひご覧ください。

 

⇨ 今さら聞けない財務と数字の話㉛~限界利益で判断する

⇦ 今さら聞けない財務と数字の話㉙~固定費型と変動費型企業の違い

今さら聞けない財務と数字の話㉚~原価割れでも販売するか?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です