今さら聞けない財務と数字の話㉘~限界利益図表を書いてみる

Pocket

限界利益図表を書いてみる

費用を変動費と固定費に分解することができれば、営業利益を得るために必要な売上の金額が計算できます。売上と費用の関係を図にしてみました。縦軸は売上高と費用、横軸は売上高になります。

図表1の損益分岐点から右上の矢印の範囲が(営業)利益、左下の範囲は(営業)損失です。損益分岐点を境に右か左かで利益と損失の金額が決まります。 

 

図表1:損益分岐点売上高と損益の範囲

 

前回(今さら聞けない財務と数字の話㉗~損益分岐点 )の計算では、営業利益が50百万円でした。図表1の縦軸と横軸で売上1,000百万円が交わる近辺、〇で囲んだ50という数字が示す範囲が50百万円の営業利益を示しています。

これ以上に売り上げが伸びれば、グラフの右上の矢印の幅が大きくなる、つまりその分利益が増えることになります。反対に売上が下がれば、図表の中心にある損益分岐点売上高(矢印部分)で営業利益はゼロになり、更に下がって左に進めば、矢印の幅だけ損失が大きくなっていきます。 

図表1を限界利益図といいます。限界利益とは固定費+営業利益、或いは売上-変動費のことです。限界利益という言い方には違和感があるかもしれません。

限界と言ってもLimitの意味ではありません。英語では、限界利益のことを、Marginal Profitと言います。Marginalとは余白というような意味ですが、ここでは売上と変動費(売上の増減に伴って変動する費用)との差というような意味で使います。つまり、固定費を全く考えないで、単純に売上を上げるためにいくら仕入や製造コストをかけ、その差額(利益)がいくらになったかが限界利益(Marginal Profit)です。

単純にその事業の収益力ということができるかもしれません。固定費が全くかからないビジネスであれば、限界利益は営業利益そのものになります。

固定費がかかるビジネスであれば、この限界利益が黒字であれば、固定費にかかる費用を一部賄うことができ、赤字であれば、固定費すら賄えない、そもそも事業として成り立たないということになります。

変動費は売上に伴って増減しますが、固定費は売上とは関係なく発生します。限界利益は売上-変動費、或いは固定費+営業利益です。つまり、限界利益がプラスになっている限り、事業に投資した固定費は回収できるということを意味します。

ビジネスに於いて固定費を回収できるかどうかは非常に大事です。最終利益が赤字になるような取引を行うかどうかという選択に迫られた場合、限界利益が黒字であれば、最低限固定費の一部は回収できるから、その取引を受けるという判断をすることも可能になります。(これについては後述します)

ここでは、「限界利益とは、売上-変動費のこと。この数字がプラスである限り、投資した固定費は回収できる。事業が事業として成り立つためには、最低でもこの限界利益がプラスでなければならない」ということを理解しておいて下さい。

この限界利益の概念を知るためには、限界利益図表が非常に役に立ちます。作り方は簡単なので、ここで説明します。

まず、縦軸が売上と総費用、横軸が売上高になるグラフを作ります。次に、原点の0から正方形の図表の右上の角に向かって、対角線上に線を引きます。これが売上の線となります。原点から45度の線です。 縦軸の目盛りで固定費の額を決め、そこから水平に線を引きます。この線から下が固定費です。P/Lでは固定費は350でしたので、350で水平に線を引きます。 (図表2)

 

 図表2:限界利益図表の作成

 

この売上高線(限界利益線)が固定費の線を越えると限界利益(売上-変動費、又は固定費+営業利益)がプラスになります。固定費の線から下になると限界利益はマイナスとなり、投資した固定費が回収できないことになります。(図表3) 

  

図表3:売上線と固定費線

 

図表3には固定費だけしか入っていませんので、ここに変動費を加えます。縦軸と横軸に損益分岐点売上高を取ります。今回は875ですので、ゼロを起点に図表4のような正方形ができあがります。

875と875が交わるところが損益分岐点です。縦軸の875から固定費350までの間が変動費となります。そして、縦軸の固定費350の地点から損益分岐点に向かって線を引きます。この線のことを総費用線と言います。固定費がまず計上され、そこに変動費が加わる、つまりこの総費用線が全ての費用を表す線になり、この総費用線と原点から対角線上に引いた売上高線(限界利益線)の間が営業利益(損失)の範囲となるわけです。(図表4)  

 

図表4:損益分岐点をマークする

 

図表5の通り、損益分岐点よりも右側、売上が大きくなるに従って矢印が長くなります。これは、利益が大きくなるということです。その反対に、損益分岐点から左側、売上が減少するに従って矢印が短くなります。つまり赤字が増えます。

図表5で示した固定費の水平線が上がれば、それに伴って、総費用線の傾きの角度が小さくなります。逆に固定費の水平線が下がれば、総費用線の傾きは大きくなります。事業によって費用構造は異なりますが、この総費用線の傾きによってどのような事業構造になっているかが理解できます。

          

図表5:損益分岐点と損益の範囲

 

売上高線や総費用線の名前は覚えなくても問題ありませんが、損益分岐点売上の算出方法を理解し、この図表が作れるようになれば、さまざまな企業の事業構造がわかるようになります。

 

⇨ 今さら聞けない財務と数字の話㉙~固定費型と変動費型企業の違い

⇦ 今さら聞けない財務と数字の話㉗~損益分岐点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です