今さら聞けない財務と数字の話㉑~在庫が増えると利益が増える

Pocket

 

在庫が増えるとなぜ利益が増えるのか。

この仕組みを理解するためには、売上原価がどのように算出されるかを知る必要があります。

売上原価とは販売した製品の製造に関わるコストや、販売のために仕入たモノです。例えば工場で製造する製品の原料費や、店舗で販売するために輸入したモノの仕入れは売上原価に含まれます。

売上と売上原価の関係について忘れてしまった場合は、「今さら聞けない財務と数字の話⑬~P/Lを構成するもの」をもう一度見て下さい。

例えばスーパーが仕入れた食材で弁当や総菜を全国の店舗で作って売る場合を考えてみます。この時の仕入れやコストは図表1のように計算します。

 

 図表1:商品販売の際のコストの計上方法

 

一番上にある期首残高200百万円というのは、前期末の決算時点で在庫として全国の店舗に残っていた商品です。これは今期販売するためのお弁当や総菜になります。(3月31日に在庫になったものが、4月1日に販売されるという意味です)

当期仕入800百万円というのは、今期新たに仕入れた商品です。

このスーパーでは、前期の商品の残りである「期首在庫200」と今期新たに仕入れた「当期仕入800」の商品をお店で販売します。

その結果、商品が100百万だけ売れずに残りました。これは「期末在庫100」となります。

因みに、この「期末在庫100」は、翌期になれば「期首在庫100」として計上されるわけです。

図表1に売上原価を加えた図が図表2になります。期首在庫、当期仕入、期末在庫の数字は同じです。

期首在庫200千円に当期仕入800百万円を足し、期末に残った期末在庫100百万円を引いた残りが今期の売上原価900百万円となります。

図表2:売上原価の決め方

 

この表の構図と「期首在庫+当期仕入-期末在庫=売上原価」は知っておいた方が良いと思います。

期末在庫が多いということは、販売できなかったわけですから、費用計上すべきではないという考え方です。

この考え方については、「今さら聞けない財務と数字の話⑮~費用と収益は対応する」でも説明しています。 

図表2で算出した売上原価をP/Lに当てはめてみます。売上1.300百万円に対し、売上原価900百万円なので、この場合の売上総利益は400百万円となります。

 

図表3:売上原価をP/Lに当てはめると

 

図表4では、期首在庫と当期仕入は先程と同じ金額ですが、期末在庫を200百万円に増やしてみました。そうすると、売上原価が900百万円から800百万円に減ることになります。

期首200+当期仕入800-期末在庫200=売上原価800百万円です。

 

図表4:期末在庫を積み増す

売上原価が減るわけですから、当然売上総利益は増えます。図表5の通り、期末材を100百万円→200百万円に増やすと、売上総利益は400百万円→500百万円へ、100百万円増えました。

図表5:期末在庫を増やすと売上総利益が増える

まとめると図表6のようになります。期末在庫が増加すると売上原価が減って売上総利益が増えています。

この仕組みを利用して期末に在庫を余分に作れば、利益のかさ上げができることになります。この方法は非常に初歩的ではありますが、決算の粉飾の時などによく使われます。

   

図表6:期末在庫を増やせば利益が増える

 

本来、期末在庫が増えるということは、たくさん仕入れているということですから、左側の当期仕入が増えます。

その仕入れた分が販売されれば売上が増えるはずですが、単に在庫が増えるだけなら売上は増えませんから、本来は利益も増えないはずです。

図表6の様に、期末在庫だけが増えて売上が増えていない場合は、その中身をチェックする必要があります。在庫が急に増えている時は、どこかおかしくないか、確認する必要があります。

単にB/Sだけを見るのではなく、現場に本当に在庫があるかどうかを確認することも大切です。

B/Sは期末時点の数字しか記載されません。P/Lは1年間の売上、コスト、利益がわかりますが、企業の実態を知るためには、お金の流れも見る必要があります。

そこでキャッシュフロー計算書(Cash Flow Statement-C/S)が登場します。

次回はC/Sについて、できるだけ簡単に触れたいと思います。

 

⇨ 今さら聞けない財務と数字の話㉒~キャッシュフロー計算書

⇦ 今さら聞けない財務と数字の話⑳~「のれん」の続き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です