今さら聞けない財務と数字の話㉑~在庫を増やすと利益が増える?

Pocket

売上原価の仕組み

在庫を増やすと利益が増えます。と言っても、これは粉飾決算のひとつの手口。その方法は、売上原価の算出の仕組みを知れば簡単に理解できます。

売上原価とは、販売したモノの製造に関わるコストや販売のために仕入れた費用で、基本的には商品が売れた際に発生するものです。例えば工場で製造する製品の原料費や、店舗で販売するために輸入したモノの仕入れコストは売上原価に含まれます。

例として、全国に店舗を持つお菓子会社(決算期は3月31日) が、材料を仕入れてクッキーを各店舗で売る場合のお金の動きを考えてみます。(図表1)

 

 図表1:商品販売の際のコストの計上方法

 

 

図表1の期首在庫200百万円は、会計年度上、全店舗の前期末(令和2年3月31日)の時点で売れ残った在庫商品です。これは今期(令和2年4月1日~令和3年3月31日)販売される商品となるため、期首の在庫として計上します。

期首在庫の下にある当期仕入800百万円は、今期新たに仕入れた商品のことです。前期の売れ残りである「期首在庫200百万円」と「当期仕入800百万円」を合計した1,000百万円が、今期、全国の店舗で販売される商品となります。

そして1年を通じ、この1,000百万円の内、900百万円の商品が売れ、決算期末(令和3年3月31日)に100百万円の商品が売れ残ったとすると、今期の決算ではこの商品を「期末在庫100百万円」として計上します。前述同様、令和3年3月31日に期末在庫100百万円として計上された商品は、翌期の帳簿では、「期首在庫100百万円」として計上されます。

商品の流れをお分かりいただけたところで、売上原価がどのように決まるのかを考えてみましょう。

図表1では、期首在庫200百万円に当期仕入800百万円を加えた1,000百万円で販売活動を行い、結果的に900百万円が売れました。その結果、売れ残った商品100百万円を期末在庫として計上しました。

売上原価とは、当期に販売した商品の仕入れにかかったコストや製造にかかった費用です。つまり、当期に販売活動を行った商品(期首在庫200百万円+当期仕入800百万円)から、販売できずに期末に残った商品の残高100百万円を引いたもの、これが売上原価になります。

売上原価の求め方は下記の通りになります。
期首在庫(200)+当期仕入(800)-期末在庫(100)=売上原価(900)

 

図表2:売上原価の求め方

 

そこで、このお菓子会社の売上原価と売上総利益を算出してみましょう。お菓子会社の期首在庫は200百万円、当期仕入は800百万円、そして期末在庫が100百万円でした。売上原価を計算すると、期首在庫 200百万円 + 当期仕入 800 百万円- 期末在庫 100百万円= 900百万円 となります。


図表3にある通り、当期売上は2,000百万円ですので、当期の売上総利益は、当期売上2,000百万円-売上原価900百万円=1,100百万円と計算することができます。

 

図表3:売上原価をP/Lに当てはめると

 

在庫が増えると利益が増える

さてこの計算方法から、「在庫が増えると利益が増える」理由を考えます。

図表3で、期末の在庫が100百万円から200百万円に増えると利益はどうなるでしょうか。今期販売できる商品は1,000百万円(期首在庫200百万円+当期仕入800百万円)と変わらないものの、期末に在庫が200百万円残ってしまったことにすると、売上原価は800百万円となります。

先ほどの計算式に当てはめると、下記のようになります。(図表4)

(期首在庫200百万円+当期仕入800百万円)-期末在庫200百万円=売上原価800百万円

 

図表4:期末在庫が100百万円増えた

 

期末在庫を100百万円から200百万円に増加させたので、売上原価は900百万円から800百万円と100百万円減少しました。売上自体は2,000百万円と変わらないので、売上2,000百万円-売上原価800百万円=売上総利益1,200百万円となり、売上原価が100百万円減った分だけ売上総利益が増えることになります。(図表5)

 

図表5:期末在庫を増やすと売上総利益が増える

   

「粉飾」以外の方法も

このように、帳簿上、期末に在庫が増えたことにすれば、会計のルールでは、売上原価が減り、売上総利益が増えることになります。またこれとは逆に、会計のルールを悪用して在庫を帳簿上減らせば、利益を減らすこともできます。これは、本来あるはずの在庫を意図的に隠し、利益を減らすことで税金逃れをしようとする粉飾の方法です。

決算書の利益を増やすために架空の在庫を増やす手法は、非常に初歩的な粉飾決算の方法として使われます。決算書で、売上がそれほど増えていないのに期末在庫が過剰になっている、或いは過去と比較して在庫の回転期間(月商に対する在庫金額)が、急に長くなっている(つまり在庫が多くなっている)ような場合は、中身をよく確認する必要があります。銀行やリース会社にお勤めで企業の信用状況をチェックする必要がある方は、単に決算書で数字をチェックするだけではなく、実際に工場や倉庫を見て、在庫がどの程度あるかを確認することも重要です。

と、ここまでは会計の仕組みを悪用した粉飾決算の説明でした。しかし、製造業に関して言えば、在庫を増やせば、利益を増やすことが可能となります。「期末に利益を確保したいから、在庫を積み増せ!」と経営者に言われて、「それって粉飾しろってこと?」と思った方、そうではありません。

更に興味がある方のために、「在庫を増やすとなぜ利益が増えるのか」(☜ Click)を新たに書いてみましたのでそちらをご覧下さい。(管理会計の話が入って来るので、ちょっとだけ難しくなりますが、是非トライしてみて下さい)

   

⇨ 今さら聞けない財務と数字の話㉒~キャッシュフロー計算書

⇦ 今さら聞けない財務と数字の話⑳~「のれん」の続き

⇨ 在庫を増やすとなぜ利益が増えるのか

⇨ 赤字事業を辞めれば損益は改善するのか

『管理職のための KPIと財務【入門編】』

↑↑↑Amazonのサイトはこちらから(Click )

経営者や管理職は、攻めと守りの数字を理解する必要があります。「今月の売上目標は〇〇百万円を死守!」と気合を入れるだけでは目標は達成できません。目標を達成するためには、「何が達成の鍵で、それを何回ぐらい行えば目標に達するか」を理論的に数値としてはじき出す必要があります。

そしてその数値を決めるには、かけるべきコストとかけてはいけないコストが判断できるか等、財務や管理会計の基礎を理解しておく必要があります。

本書では、売上目標を達成するためのKSF(Key Success Factor)の見つけ方、行動計画への落とし込み方といった「攻めの数字」と、赤字でも販売すべき場合とはどのような場合なのか、大口の受注はどこまで値下げして受けるべきか等の「守りの数字(管理会計)」について経営者や管理職が押さえておくべき点を学ぶことができます。

 

今さら聞けない財務と数字の話㉑~在庫を増やすと利益が増える?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です