目的と目標を設定する意味

Pocket

 

昨年行われたラグビーのワールドカップで、日本は見事にベスト8に進みました。

4年前のワールドカップで南アフリカを破り、一気に盛り上がったラグビー人気もだんだんと冷めかけていたところでの日本開催。日本戦以外の試合では閑古鳥が鳴くのではという心配をよそに、大成功したことは記憶に新しいと思います。

今回初めてラグビーを真剣に見たという方も多かったかもしれませんが、ラグビーをある程度ご存知の方でも、戦前は「日本は決勝トーナメントに進めないだろう」、「世界1位(当時)のアイルランドに勝てるわけがない」といった声が多くありました。

実際にアイルランドに勝てると予想した人は殆どいなかったのではないでしょうか。

しかし、日本代表チームのメンバー全員は本気で勝つ気でいました。だからこそ目標を達成できたのです。

日本ラグビーフットボール協会のホームページには「ラグビーファミリーを国内外に増大させ、日本ラグビーの国際力を高める」というミッションが載っています。そして日本のラグビー文化を豊かなものにするということを大きな目的として掲げています。

この協会のミッション(目的)に基づいて、今回のワールドカップの目標が設定されました。それがベスト8進出だったわけです。

日本代表チームは、日本のラグビー文化を豊かなものにする、日本にラグビーを根付かせるという壮大な目的に向け、今回の目標達成はMustであると信じ、さまざまなことを犠牲にして練習を積み、戦い、見事に目標を達成しました。

 

 図表1:日本ラグビーフットボール協会のミッションと今大会の目標

  

目的を達成するために、高い目標を設定し、誰もが無理だと思っていてもそれを達成する。

組織の目的と目標の設定、それに対する取り組み方の素晴らしいお手本だと思います。

社会的意義のある明確な目的を持ち、その目的に共感する人、大好きな人たちが集まり、自らが設定した目標達成のために突き進んでそれを達成する。まさにこれが理想の形です。

突き詰めていくと、狂信的な感じになってしまう企業もあります。しかし、何れにしても強い想いを全員が持てば、目的を達成する可能性はそれだけ高まるということが言えると思います。

逆に言えば、組織に目的がなく集まった人も目指すモノが漠然としてわからなければ、強い組織にはならないということです。

目的は企業によってさまざまです。そしてその目的に達成するための方法もそれぞれです。

例えば、皆さんが旅行する場合、目的地にどのような方法でいつまでに到達したいかは、皆さんが何を重視するのかによりますよね。

スピードを重視するのか、費用を重視するのか、環境への配慮が大事なのか等々。

皆さんと一緒に行く人も、皆さんと同じ気持ちで同行されるわけですよね。

企業も同じです。

そして、その規模が大きくなればなるほど、目的や目標の設定が大切になります。

  

  図表2:目的によって到達する方法は異なる

⇨ 何が「目標」となるのか

⇦ 目標や計画はどうあるべきか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です