経営者には「やらない我慢」が大事

Pocket

前回は「考える社員を育成したければ、経営者は我慢して経営の一部を社員に任せ続けることが必要」というお話をしました。

そもそも経営者にはやるべきことが多く、社員に任せるよりも自分が手を動かした方が早いので、誰かに仕事を任せることが面倒だったり、誰に何をどこまで任せれば良いのかわからないという方も多くいます。

「任せる」ということは、経営者が「やらない」ことです。

ある企業では、部署の連携を強化するためには情報共有が大事という理由で、営業マンの日報やさまざまな情報を社長や関連部署にメールで共有していました。

社長の受信箱には業務日報や様々なメールが朝から山のように届き、それに対して社長が指示やコメントを直接返信します。

当然承諾をもらいたい案件や、「これを社長に?」という報告までもが社長に直接届きます。

この会社には200人以上の社員がいましたので、社長がメールを見るだけでも大変です。あまりに多くの情報が届く中で、本当に必要な情報が埋もれてしまったり、社長の考え時間がなくなってしまったりしては本末転倒です。

そこで、社長にメールを受信しても返信はしないという我慢をしてもらいました。

社員からの業務日報は、社長ではなく各部長に報告させ、必要だと思った報告事項を部長が社長に報告します。また社内を飛び交うメールには基本的にCCを入れることを禁止して、必要な部署にはToで送付し、本文で宛先とCCを記入するようにしました。

ルールを決めても社員は不安なため、最初はやはり社長に多くのメールが届きます。しかし社長はこれには返信しません。必要に応じてそのメールを部長に転送します。

こうして社長我慢して、全社の情報を個別に把握しようとしなくなるだけで、管理職や社員は考えるようになります。

もちろんすぐに完璧にはなりません。最初のうちは、本来必要な情報が共有されなかったり、報告が漏れてしまったりします。

しかしそこは我慢が必要です。我慢を重ねることで、幹部や社員は少しずつ自分で考えて処理する様になります。

この会社では、社長が「やらない」と決めただけで、入ってくる情報が整理され、本当にやるべきことに割く時間が増やせるようになりました。今では若手が率先してプロジェクトチームを作るようになっています。

社長が我慢をすることはとても大変です。しかし我慢の先に組織と社員の成長があると信じて是非やってみて、、、いや、やらないようにしてみて下さい。

 

 なぜ、売上が増えないのか?

 業績計画の前に、まず経営ビジョンを策定する理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です