業績計画の前に、まず企業の目的を決める理由

Pocket

企業の目的とは、「なんのために会社を経営するのか」、「どのような会社にしたいのか」 というものです。企業の価値観を示すモノでもあり、経営ビジョンとかMission、Visionとか言われます。

経営者に目的がなければ、企業の方向性が決まらず、戦略や戦術を作ることができません。企業として戦略や戦術がなければ、業績が継続して伸びることもありません。

中小企業の中には毎年経営計画発表会のようなものを開催している企業があります。年度経営計画は、本来、中期経営計画で策定された計画の1年目であるべきであり、その中期経営計画の上位には、中期ビジョンや経営ビジョンがなければなりません。

つまり、経営ビジョンのような目的なくして、中期経営計画も、年度計画も、さらに毎月の計画もあり得ないわけです。【図表】

 

図表:経営ビジョンと年度計画、業績の関係

 

今は企業の目的をあまり意識していないような大企業でも、創業当初は目指す経営理念があって、それをベースに事業を大きくしてきたはずです。

「理念だけで飯が食えるか」とか「好きなら作ればいいじゃない」と言う人もいます。「何でも良いですから、兎に角数字を達成することが大事」という経営者や責任者の気持ちもわかります。

しかし、数字をいじれば経営ができるわけではありません。数字はあくまでも行動の結果です。行動は何か目的を達成するために興すことで、戦略の下に行われるべきものです。

結果を出すためには戦略や戦術を決めるだけではなく、戦略に基づいて人を動かさなければなりません。人は経営者の生活のために働くわけではありません。

企業を経営するためには、目的を示し、人をまとめ、動かす力や動かすための仕掛けが必要となります。

就活で企業を選ぶ際、学生が重視するのは、単に企業の大きさや知名度だけでなく、その企業の理念や存在意義に共感して働くことで、自分の成長が図れる職場かどうかということでした。 (「就職活動で新卒学生は何を重視しているのか」)

企業の目的をどのように作るかは「経営ビジョンの創り方(1)」、企業の目的をどのように目標に落とし込み、更にそれを事業部から各従業員の目標とするかは「目標や計画はどうあるべきか」(「これだけやれば売上倍増!目標を達成するKPI」)を参考にしてみて下さい。

企業の目的を示し、ステイクホルダーに共感してもらえるかどうかが経営者の腕のみせどころです。

   

 経営者には「やらない我慢」が大事

 企業のライフサイクルと組織の発展段階

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です