「最高」で「断トツ」なMissionを達成するためのVisionとValue

Pocket

 

「断トツ」で「強烈」、「最高」なミッションができたならば、次はそれを遂行するためのビジョンとバリューの作成です。

ビジョンを創る際も、同じように下記の3つの質問を自らに投げかけてみて下さい。

 ① ミッションを遂行している時、顧客にとって自社はどのような最高の存在か
 ② その役割を果たして行った未来はどんな素晴らしい結果をもたらしているか
 ③ その未来に、どのような分野で断トツに素晴らしい状態になっているか

 ①と②は社外向け、③は社内向けのビジョンです。

前回例に挙げた牛乳の宅配会社で言えば、①のミッションを遂行している時は、顧客にとって「 健康で素敵な気持ちになれるお届けものを最高の笑顔で運んでくれる会社」という存在になります。

次に、②の答えを考えると「顧客が健康で長生きし、毎日気持ちよく牛乳を飲み続けてくれる未来」が見えるかもしれません。

③では、例えば「売上10億円、従業員数300名」等、何かの分野で断トツで素晴らしい状態になっているための具体的な数字をイメージし、それを何年後に達成するかを決めます。

因みにこの売上10億円、従業員300名というビジョンは、牛乳の宅配会社が、売上1億円、従業員20名の時に作ったモノです。

売上の数字には、それほどしっかりとした根拠はありません。どちらかというと、「この数字を達成したい」という想いで創っています。

ビジョンは目標ではありません。ミッションをクリアするためには、当面の目標としてここまでやる必要があるものをアドバルーンにように掲げます。

このアドバルーンを掲げた後、やるべきことや数字を細かく決めていきます。ミッションをクリアするためにアドバルーンとして掲げたビジョン、「何年で何をやり遂げるか」に基づいて、それを達成するための具体的な手法やKPIを中期経営計画のような形で作っていくわけです。

ビジョンは最終目標ではなく、自分たちが決めたミッションを達成するために、いつまでにどこまでやるかを決めた途中経過の数字です。

ミッション自体が断トツであれば、ビジョンも断トツ、今は「そんなことできるわけないでしょ」と笑われるようなものになるかもしれません。しかし、そんなことは気にせず、自分が目指す最高の姿、こうなりたいという姿をイメージしてアドバルーンを掲げて下さい。

図表1:ビジョンの創り方

最後にバリューです。バリューは、ミッション、ビジョンを達成する為に組織が共有すべき価値観であり、従業員の行動指針となるものです。

バリューを創る際に自らに投げかける質問としては「ミッション、ビジョンを達成している組織は、どういう価値観で仕事を行い、従業員がどのように行動しているか」というようなものになります。

このバリューとしては、経営者が最も大切にしている価値観や行動を明文化すると良いと思います。たとえ今の時点ではできていなくても、「そうなりたい」、「なって欲しい」、「いや、ならなければならない」ということをバリューとします。

バリューと言えば「私たちは地域のお客様の為に誠実に働きます」、「いつも明るい挨拶と感謝を忘れません」等のような言い回しが多いですよね。

でも、「常にピカピカのボックスにお届けします」とか「今日は昨日の笑顔を超える最高の笑顔でお客様に挨拶します」等、ミッションを達成するために、自分たちがどのような行動をしなければならないか、具体的な行動をバリューとした方が良いと思います。

図表 2:バリューの創り方

ミッション・ビジョン・バリューは単なるきれいごとを並べたものではありません。これらは直接業績を左右する会社のコア思想です。

複数の人で創れば、様々なアイデアが出され、社長一人で創るよりも、より良いものが出来ると思います。例えば事業を継がれる子供と一緒に会社の未来を見据えてミッション・ビジョン・バリューを創りましょう。

意見がぶつかるかもしれませんが、それぞれが考えた「最高」と「断トツ」を議論することは、事業を引き継ぐ者と受け継ぐ者が将来のあるべき姿を考える良い機会になるはずです。

 

⇨ 企業のライフサイクルと組織の発展段階

⇦ 「最高」「断トツ」のMissionを考える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です