経営理念とES【従業員満足】、CS【顧客満足】との関係

Pocket

 

ジェームス・L・ヘスケットが提唱した「サービス・プロフィット・チェーン」では、従業員満足(Employee Satisfaction) の向上がサービスの品質を向上させ、顧客満足(Customer Satisfaction)を高める重要な要素になるとされます。(図表)

従業員満足が顧客に対するサービスの価値を創造する原動力になるという考え方です。

この考え方は、実業界で実践的に活用されている考え方であり、「従業員満足」が向上することが、結果的に売上を向上させる要因となると考えられています。

 

図表:サービス・プロフィット・チェーン(満足のピラミッド)

(出典)ジェームス・L・ヘスケットの考え方

CS(顧客満足)のレベルアップは、働く人たちのES(従業員満足)の向上なしには成り立ちません。

良い職場風土を作るためには、認め合い、褒める文化についての理解と、CS・ESの前提となるコミュニケーションの重要性を理解することが必要です。

2013年2月、原田泳幸氏に代わって日本マクドナルドホールディングス株式会社社長に就任したサラ・カサノバ氏が最初に行った経営改革は、まず従業員の給与を上げることでした。

カサノバ社長はインタビューに対し「マクドナルドのビジネスは人によって支えられています。つまり我々が成功する為には従業員が満足しなければなりません。だからこれは当たり前のことなのです。」と答えています。

また、新宿歌舞伎町で店長経験もある同社の人事部長は「ピーク時200名のクルー(アルバイト)を管理する為には、クルーの力も借りながら、絶えず全体にフォローが行き届く様に管理・調整することが必要です。クルー全体に元気がないと感じた時や、一人ぽつんとしている子がいることに気付いた時にすぐに行動を起こします。その積み重ねが従業員の成長につながり、良いサービスを提供できる店舗力になるのです。」と言っています。

中小企業は従業員に対してなかなかコストをかけることができません。しかし、目先の利益だけに拘らず、「従業員の満足、お客様の満足、そして業績向上」のサイクルを作ることに意識を向ければ、事業を継続成長させる可能性が高まります。

目指す姿を、経営理念や企業方針という形で明示化するだけでなく、例えば社長が気が付いた時に、従業員に一声かけるだけでも、「社長が見てくれている」ということがわかり、良い循環が生まれます。

従業員に気持ち良く仕事をしてもらえれば、それがお客様からの信頼につながり、必ず業績にプラスとなって還ってくると思います。

給料を沢山払うとか、福利厚生を充実させるとかができなくても、常に従業員を気にしている、声をかけてもらっている、新しい取り組みやチャレンジをさせてもらっている、と感じてもらうことができれば、それが日ごろの仕事にプラスになって表れるはずです。

因みに、誰でもできる、売上が倍増する目標の作り方⑫では、 従業員への報酬と仕事のモチベーションに関する実験結果について書いています。クリエイティブな仕事と金銭的なインセンティブとの関係、単純作業と金銭的なインセンティブの関係には面白い結果が出ています。

お金をかけずに人材を育成する際の参考になるかもしれませんので、興味がある方は参考にしてみて下さい。

 

⇨ 経営ビジョンの創り方(1)

⇨ 誰でもできる、売上が倍増する目標の作り方⑫

⇦ 経営ビジョンと業績の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です