経営ビジョンと業績の関係

Pocket

 

経営ビジョンがある会社は、ビジョンがない会社よりも業績が良いことがデータでも証明されています。

宮田矢八郎産能大学経営学部教授によれば、TKC(税理士および公認会計士の組織)の調査データ中、「経営ビジョンがある会社」2,752社の平均経常利益は49百万円、「経営ビジョンがない会社」2,236社の平均経常利益は29百万円となっています。

経営ビジョンがない会社よりも、経営ビジョンがある会社の方が、売上、利益共大きくなっているということが下記の【図表】からも理解できます。

 

  図表:経営ビジョンの有無と売上・利益の関係

(出典)理念が独自性を生む(宮田矢八郎・著)を加工

 

有形無形にかかわらず「経営ビジョン」もしくは、「経営ビジョンに相当するもの」がない会社では下記の様な弊害が生じると宮田教授は言います。

① 従業員が何を判断基準として働けば良いかわからない
② 方向性が不明確な為、従業員が自分の好きなように行動する
③ 従業員からの求心力がなくなり、コミュニケーションが滞る
④ 社内に不正や不祥事が起きやすくなり、職場環境が悪化する
⑤ お客様へのサービスレベルが低下し、売上が低下する
⑥ お客様の不信感がつのり、会社から顧客が離れる
⑦ 協力会社から適切な支援がうけられない
⑧ 社会からの信頼を得られずいつまでもブランド力が備わらない

こうした弊害を見ると、全社員が経営者と同じ考えでお客様に商品とサービスを提供するためには、「経営ビジョン」を設定することが重要なようです。

Point

1.経営ビジョンがある会社の方が、ない会社よりも売上、利益が良好です。

2.経営ビジョンがない会社では、業務を行うに際しさまざまな弊害が生じます。

 

⇨ 経営理念とES【従業員満足】、CS【顧客満足】との関係

⇦ 経営ビジョンを創る意味

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です