なぜ経営ビジョンが必要なのか

Pocket

 

経営ビジョンとは「何のために会社を経営するのか」、「どのような会社にしたいのか」といった会社のあるべき姿のようなものです。会社によっては、それを「社訓」や「経営理念」といったり、「ミッション、ビジョン、バリュー」と言ったりしています。

ここでは、「会社が果たすべき使命」、「会社が目指す将来のある時点での状態やあるべき姿」、「組織が共有する価値観、従業員の判断基準、行動指針や行動規範等のようなもの」の全てを『経営ビジョン』と言うことにします。

経営者の頭の中には、多かれ少なかれ、自分の会社をこんな会社にしたいという願望があったはずです。例え途中でその願望を忘れてしまったとしても、元々はその願望を果すために日夜仕事をしてきたはずです。

この願望が会社の経営ビジョンです。「経営ビジョンがない」という会社であっても、それは単に経営ビジョンが明文化されていないか、経営者が忘れてしまっただけです。

一人で事業を営んでいるのであれば明文化されていなくても構いません。しかし、従業員を抱えるようになるとそうはいきません。事業が成長し組織が拡大するにつれて従業員の意思統一を図ることが難しくなるからです。

経営者に経営ビジョン(あるいはそれに準ずるもの)がなければ、会社の方向性が決まらず、その方向性に到達するための戦略や戦術を作ることができません。会社として戦略や戦術がなければ、業績が継続して伸びることもありません。

多くの経営者は業績計画はあっても経営ビジョンはないと言います。しかし、業績計画は、そもそも「こういうことを成し遂げたい」という経営ビジョンがあって、そのために計画を立て達成しようとするものです。

目的もなく闇雲に走り回るだけでは、従業員は自分が乗っている船がどの港を目指しているのかわかりません。 

会社の経営者が港を示さなければ、その船の航路がわかりません。取り敢えず船に乗っているとお金がもらえるからという理由だけの従業員が増えると、お客様に対してその姿勢が表れてしまいます。

従業員が仕事を単なる生活の糧として考えると、「お客様に対して良いものを提供しよう」という気持ちや、「会社が掲げる目標を仲間と共に達成しよう」という気持ちは起こりません。

そして結局お客様はその船から離れていってしまいます。

長年職場で働く人にとっては経営ビジョンなどなくても、「お客様のために良いサービスや商品を提供することは当たり前」と言うでしょう。しかし、新しい人にとっては当たり前ではありません。

彼らには、技術を教えるのと同じように、この会社で働く意味や理由、守るべきことを教えなければなりません。それができなければ、モノと同じで、品質がバラバラな組織となってしまい、業績も伸びません。

経営ビジョンなど、言わなくても従業員は理解しているかもしれません。何十年も一緒に仕事をしている経営者と従業員であればそれでも構いません。

しかし、先代から事業を引き継いだ後継者がまずやることは、企業の目的である経営ビジョンを再考し、それを発信して、社内に浸透させることです。

経営ビジョンを創り社内に浸透させることで、従業員が会社の方針や経営者の考えを理解し、同じ目標に向かって努力する土壌が生まれます。

それだけでなく、経営ビジョンが後継者自らの行動を律するものにもなるのです。

 

 経営ビジョンと業績の関係

⇦ 後継者教育はOJTだけでは不十分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です