後継者教育はOJTだけでは不十分

Pocket

多くの経営者や後継者は、日々の業務に追われて自分の時間が割けないため、教育や育成をなおざりにしてしまいます。

現経営者は「自分は誰からも教えられずにここまで会社を経営してきた、だから後継者も同じようにできるはず(やるべき)」と思うかもしれません。

しかし、経営者が学んだ時代と今とでは市場のスピードや情報量が全く違います。同じことをしていては絶対にうまく行きません。

事業を引き継ぐことを決めたら一刻も早く後継者の教育と育成に取り組まなければ手遅れになってしまいます。

ですから業務で手が回らなくなる部門の採用人員を増やしてでも後継者が学べる時間を作る努力をして下さい。後継者の経営能力を伸ばすことがが事業承継の成功につながります。

後継者を育成するにはOJT等で貴社事業に於ける技術や運営方法を学ぶことだけでなく、経営者としての基礎的な土台を作るための教育が必要になります。

中小企業にはOJT以外の教育が行われていない会社も多いですが、経営に関するスキルや知識に関する教育は後継者にとって必要です。

中小企業大学校では経営者や後継者向けに様々な研修を行っています。2-3日の講習や10か月の研修まで様々ですが、同じような悩みをもつ様々な業界の経営者や後継者が集まるため非常に刺激を受けるようです。【図表】

また会社の取引先金融機関や商工会・商工会議所でも、外部向けの研修や若手経営塾のような集まりを行っていることがあります。業務は多忙でしょうが、後継者の将来のために外部研修への積極的な参加を必ず実施して下さい。

図表:中小企業大学校(中小企業庁)で行われる研修内容の例

(出典)中小企業大学校ホームページ[1]

Point

1.事業承継を成功させる為には、後継者の教育にコストと時間をかけて下さい。
  後継者の能力開発が事業承継の成功と承継後の事業成長につながります。

2.機会を見つけて、中小企業大学校や取引銀行が主催する研修に後継者を参加させて下さい。
  同じような境遇の後継者仲間が増え、新しい刺激を受けるはずです。

 

 経営ビジョンを創る意味

 誰に何を承継するか


[1] http://www.smrj.go.jp/institute/tokyo/training/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です