事業承継の進捗を確認するチェックシート

Pocket

 

既に事業を承継する後継者を決めている会社でも、問題点の洗い出しや計画の策定までされている会社は少ないと思います。そこで、まず現経営者と後継者が事業承継に向かい合うために承継の全体像を捉える必要があります。

そこで、現経営者と後継者にチェックシートを使って事業承継の進捗状況を確認してもらっています。

図表のシートは、経営者と後継者が現状認識をすり合わせる為のチェックシートの一部です。質問は「関係者」、「経営」、「資産」について全部で75問です。

質問にはあまり考えずに直感で回答してもらい、回答後に現経営者と後継者で結果を比較してもらいます。このようなチェックシートは引継ぎの進捗度合いを確認するために、節目ごとに何度か取り組んでもらうことが有効です。

 

チェックシートは下記図表のような形で、質問に0~4点で回答するようになっています。それぞれのカテゴリーで合計点数を出して、チャートをつくれば、どの部分ができていて、どの部分がまだ手付かずかということがわかりますので、興味がある方は試してみて下さい。

完全版はこちらから無料でダウンロードできます。
↓↓↓

 

図表:事業承継に於ける課題チェックシート

(出典)知識ゼロからの会社の継ぎ方、事業承継入門(真鍋敏巳、河合保弘・共著)を参考に作成

 

Point

1.事業の全体像を把握するため、現経営者と後継者がチェックシートを作成。
  作成したシートを見て会社や事業承継についての意識を確認して下さい。

2.チェックシートは一度だけ利用するのではなく節目ごとに実施して下さい。
  進捗に応じてお互いの意識のずれが修正されたかどうかの確認が重要です。

 

⇨ 誰に何を承継するか

⇦ 現経営者の覚悟と後継者の覚悟

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です