中小企業にとっての組織図の重要性

Pocket

企業に伺った際、まず最初に見せていただくものは組織図です。しかし、中小企業には組織図自体がなかったり、壁に貼ってあるだけという会社が少なくありません。

伊丹国際大学学長・加護野神戸大学名誉教授(1989)[1]によると、組織図は戦略実行の可否を示すものであり、顧客や従業員、株主や債権者といったステークホルダーへの重要なメッセージとなります。

また、組織の階層や構造は従業員の思考様式や、価値観に影響を及ぼすとしています。

それは、組織の階層や構造を認識することが従業員の思考パターンに影響を及ぼすからであり、組織図で仕事(役割と責任)の範囲が明らかになることで、その仕事に就くことが従業員の「目標」となる可能性があるからです。

図表はある中小企業A社の組織図です。

A社の社長は脱サラして先代のビジネスを引き継ぎました。これまで下請け企業として数多くの苦労をしてきましたが、今は開発した新商品がヒットしたため、海外に進出することを目論んでいます。

社長は非常にバイタリティのある方でしたが、社内に貼ってあった組織図(図表)を見て、今後の成長に少し不安を感じました。

 

図表:A社の組織図

 

その理由は、組織図に名前が入っていなかったからです。

税務顧問や法律顧問の事務所の名前はあるのに、各部門に責任者の名前が入っていません。

お話を伺うと組織図は金融機関等に対して部門の説明をするために作っているとのことでした。 各部門にはリーダーがいるようですが、基本的には社長が全ての業務を把握しているので、彼らの名前を入れる必要性も感じていません。

このように、中小企業では組織図があってもそこに名前が入っていないことがよくあります。

確かに組織図は、外部の顧客や金融機関に対して自社の仕事の内容を説明するために必要です。

しかし組織図を見ると会社のレベルがわかります。社外から見ると、この会社にはどういう部門があって、その部門の責任者は誰かという機能面だけでなく、マネジメントのレベルも透けて見えます。

社内では、従業員は組織図に自分の名前が書かれていると、自分が目指すキャリアをなんとなく意識するだけでなく、割り振られた役割を認識して部門に対する責任を自覚します。

企業のライフサイクルと組織の発展段階」でもお伝えしましたが、組織が成長して大きくなるためには、5つの段階があります。

中小企業の多くは、第1段階と第2段階の間で成長が止まってしまいます。その理由は、第2段階を突破するためには、オーナーが権限を各責任者に委譲することが必要になるからです。

ほとんどの中小企業では、この権限と責任の委譲ができず、社長が全てに指示を出す「文鎮型マネジメント」から脱却できません。

組織図を作成することは、従業員に自分の役割と責任感を自覚させるだけでなく、どの部門の人材が足りないか、育てなければならないか等を経営者が認識する良い機会となります。

例え人材が不足していて兼務が多かったとしても、部門責任者の名前が入った組織図を作って社内外に示しましょう。

名前が入った組織図の作成は、中小企業が文鎮型マネジメントから脱却し、次のステージに成長する良いきっかけとなります。

組織図をどのように作成するべきかについては、「☞ 組織図で職責と権限を明確にする」で紹介いたします。

 

⇨ 従業員を適正な労働時間で働かせるために企業が行うべきこと

⇦ 地方企業・中小企業は外国人新卒を幹部として育成しよう!


[1]伊丹敬之・加護野忠男(1989)「ゼミナール経営学入門」(日本経済新聞社)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です