小規模M&Aと事業再生のビジネスモデルシミュレーション①

Pocket

ここからは、中小企業の事業再生、承継、成長をワンストップで支援するビジネスモデルの説明になります。

事業としては、①【M&Aアドバイザリー】、②事業を承継(Exit)するための【事業再生】、そして③事業買収後のシナジー最大化を支援する【PMI】の3つを柱としました。これらのビジネスモデルと収支計画の概要について、下記に説明します。

まず、各事業の内容を、①M&Aアドバイザリー、②事業再生支援、③PMI支援に分類し、それぞれの事業のターゲット市場と、競合先を示したものが【図表】です。

M&Aアドバイザリーについては、主に、売上1億円程度未満の個人事業者や小規模企業を対象とします。ここはM&A仲介会社が殆ど取り扱っていない領域になります。

事業再生支援については、売上3億円以上の中小・中堅企業で、法的整理を伴わない案件を対象とします。ある一定以上の規模がなければ、再生のための手数料が支払えないため、売上の規模を3億円以上としました。

そして最後のPMI支援に関しても、事業再生の領域と同じ理由で、売上3億円以上の中小・中堅企業を対象とします。

小規模M&Aと事業再生のビジネスモデルシミュレーション② ~M&Aアドバイザリー業務では 主に、売上1億円未満で、経営者の年齢が60歳以上の個人事業者や小規模企業が対象顧客とするビジネスと業務フロー等を説明していきます。

皆さんがビジネスプラン策定する際の参考にしてみてください。

 

図表:事業領域とターゲット市場の競合先

 

⇨ 小規模M&Aと事業再生ビジネスモデルシミュレーション② ~M&Aアドバイザリー

⇦ 日本に於ける小規模M&Aビジネスの可能性②

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です