後継者不在で上場企業に売却した家事代行業のG社

Pocket

 

G社は売上7億円、社員数150名の家庭掃除代行会社です。元々は身内に後継者がいなかったことから、漠然と専務他役員へのMBOを考えていました。知り合いからM&A仲介会社を紹介されたこともありましたが、会社を第三者に売却することなど考えられず、ずっと断ってきました。

しかしM&A仲介会社から、ある企業との提携提案を受けます。そのリストを見た際、候補先企業が大企業ばかりだったことに驚き、話を聞いてみる気になったようです。

G社は1年以上をかけて提携の検討を行い、最終的には東証一部の人材派遣企業の子会社となりました。元々株を譲渡するつもりだった専務を社長とし、副社長には、親会社から若く優秀な人材を送ってもらうことができ、事業も軌道に乗ってきているようです。

M&Aのメリットとしては、悩みの種だった家事スタッフの採用の問題が解消したことは驚きでした。大企業の傘下に入ったことから信用力が増し、レベルの高いスタッフを多く採用できるようになったからです。

また東証一部企業のグループ会社になったことから、今まで全く採用できなかった新卒が昨年は複数名採用できました。会長は、新卒社員の家族が「大企業のグループ会社には入れて良かったね」と言ってくれたという話を聞き、信用やブランドの重みを感じたようです。

元々、会長はM&A仲介会社は嫌いで、自分の会社は絶対に売却しないと考えていたようですが、今は売却して本当に良かったと思っているとのことでした。

但し最後に一言、「手数料は驚くほど高かった。」との言葉も付け加えていました。

⇨ 買収企業に若手を送る産業機械製造のH社

⇦ PEファンドの買収後、経営者が急逝した食品製造業のF社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です