日本でも成長が見込まれるM&Aマッチングサイト

Pocket

 
小規模企業や個人事業者のM&Aについては、これまで相談する相手やマッチングを行う仲介会社が殆ど存在しませんでした。

事業引継ぎ支援センターでは、中小企業のM&A相談の受付や、後継者のいない小規模企業や個人事業主と起業を志す起業家をマッチングさせる「後継者人材バンク」で小規模M&Aの推進を行っています。

ただ、小規模企業のM&Aでは相手が見つかる可能性が低く、手数料の問題もあって、成約に至る数は非常に少ないのが実状です。

しかし近年、この領域に於ける潜在的な市場ニーズの拡大を捉え、TRANBIやBatonzを始めとする、インターネット上でのM&Aマッチングサイトが増加しています。

これらのサイトは、米国でのM&Aマッチングサイトと基本的には同じ仕組みです。事業を売却したい経営者がサイトに登録すれば、仲介業者やFAを利用しない限り、売却までの手数料が無料で利用できることになっています。【図表】

これまで多くの企業経営者は、後継者がいなければ廃業するしか手がありませんでした。

このサービスによって、M&A仲介業者が取り扱わないような小型の案件や地方の案件でも買い手を探せる可能性が日本でも高まると思います。

図表:M&Aマッチングサイトの領域

(出典)中小企業基盤整備機構「事業承継に関する最新動向について」[2018]を基に作成

⇨ サラリーマン、3百万円で会社を買っても良いけれど

⇦ 地道な仕組み作りが花開いたM&A仲介会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です