中小企業であっても、単なるオーガニック成長だけに頼っていては世の中のスピードについていけなくなってしまう。そう考える経営者は時間を買うためにM&Aを仕掛けます。

しかし大企業も含めた日本企業のM&A成功率はわずか2割と言われています。その理由は実施後の経営、業務、意識の統合(PMI – Post Merger Integration)にあります。

日本企業はM&Aで企業を買収しても、その企業に自社の経営理念や経営方針を植え付けることを躊躇します。場合によっては経営が傾いた企業を買収したにもかかわらず、その企業の経営者をそのままにしていたり、オペレーションをいつまでも併存させたりすることもあります。

M&Aを行う大きな理由のひとつは統合によるシナジー効果です。1+1=2以上にならなければ大金を払って統合する意味がありません。PMIが的確に行えなければシナジー効果は発揮されず、場合によっては統合自体が失敗に終わります。

M&Aで買収した企業の経営を代行し、早期に統合シナジーが得られるようPMIを実行します。